FEATURE

IBARAKI sense

gg1

gg2

gg3

gg4

gg5

gg6

gg7

gg8

茨城県のブランド力向上のため、銀座にあるアンテナショップをリニューアル。ストアコンセプトを「目利きのセンスによって厳選された、茨城のセンスある逸品により、茨城のセンスを世界に発信する、上質でセンスあるストア」とし、店名を「IBARAKI sense」にした。ロゴマークは県花であり県章であるバラを用いた六角形のデザインとし、格子模様、名峰筑波山の山脈など、ストア全体に斜線を用いて、デザインの統一を図っている。
ストア全体の構成及びショップ内の商品配置は、茨城県の地形や名産地の位置を模して構成。また、店外からも見える特注の笠間焼、ダイニング内の稲田石、真壁石、八溝杉、結城紬、水府提灯など随所に県産材、工芸品を使用し、茨城県ならではのストアデザインとした。その他、ダイニング内での壁一面のプロジェクションマッピングや、外壁R窓のLEDビジョンなどを効果的に配置し、茨城県の魅力を発信している。(磯原勝治/J.F.design

 

IBARAKI sense
所在地:東京都中央区銀座1-2-1 紺屋ビル1階
オープン:2018年10月25日
設計:J.F.design 磯原勝治 鈴木新之介
グラフィックデザイン:ツバメヤ 小林健二郎
床面積:286㎡
客席数:カフェ18席 ダイニング25席
Photo:荒木文雄

 

Ibaraki Prefecture renewed its local specialty store in Ginza to improve its brand power. I changed the store name to “IBARAKI sense” based on the new concept “store with sense and high quality, introducing a sense of Ibaraki to the world by carefully selected Ibaraki’s local specialties”. The new hexagonal logo is designed using a rose motif that is a prefectural flower and seal. I used many oblique lines in lattice patterns or mountain-shape decorations, aiming to create a unified atmosphere.
The composition of the entire store and the arrangement of items were constructed mirroring the topography and the location of Ibaraki prefecture. In addition, we used prefecture-made materials and crafts everywhere including custom-made Kasama-ware which can be seen from outside the store, Inada stone in the dining room, Makabe-stone, Yamizo-cedar, Yuki-tsumugi fabric, Suifu-lantern and so on, making it the unique design of Ibaraki prefecture. By setting projection mapping in the dining room and placing LED display in the outer wall, the store delivers the charm of Ibaraki prefecture. (Katsuji Isohara / J.F.design)

 

IBARAKI sense
Address: Konnya Bld. 1F, 1-2-1, Ginza, Chuo-ku, Tokyo
Open: Oct. 25th, 2018
Design: J.F.design Katsuji Isohara Shinnosuke Suzuki
Graphic design: Tsubameya Kenjiro Kobayashi
Floor area: 286 m²
Capacity: Cafe 18 seats / Dining 25 seats
Photo: Fumio Araki

 

为了提高茨城县这个城市品牌的影响力,我们重新设计了位于银座的茨城县物产店。店铺的概念是“高品质有品味的商店, 通过鑑赏家的专业眼光与品味所精心挑选出来的茨城县商品,将茨城的美学传递给世界”,店铺名称就叫做「IBARAKI sense」。商标是一个六边形的设计,采用了既是茨城县县花也是县章的玫瑰为代表,木格子图案则象征着日本名峰筑波山的山脉,我们特地使用了斜线手法贯穿全店,以达成设计的统一。
店铺整体规划及店内商品佈局,都是模拟茨城县的地形以及名产地的位置所设置的。并且,在店内随处可见茨城县特有的素材及工艺品,例如从店外也能看见特製的笠间烧,餐厅里使用的稻田石、真壁石、八沟杉,以及高级的纺织品结城紬,和传统的水府提灯等,我们试图打造出独一无二只属于茨城物产店的设计。另外,在餐厅内牆上采用影像投影技术,外牆的窗户也采用了LED视觉呈现来增强效果,我们要将茨城县独特的魅力传达给全世界。(矶原胜治/J.F.design

 

IBARAKI sense
地址:东京都中央区银座1-2-1 绀屋building 1F
开业:2018年10月25日
设计:J.F.design 矶原胜治 鈴木新之介
视觉呈現设计:TSUBAMEYA 小林健二郎
实用面积:286平米
席位数:咖啡厅 18席・餐厅 25席
摄影:荒木文雄