FEATURE

嵜本 田園調布店

1

2

3

4

5

6

関西発の高級食パン専門店「嵜本」の関東1号店となるプロジェクト。田園調布という穏やかな空気の流れる土地柄と、全面ガラス張りという区画特性を考慮し、大阪の店舗よりも感度が高く気持ち良い光が差し込む空間を計画した。内部は躯体を活かした空間構成で、商品やイートインスペース等が際立つ様なカラースキームとしている。また、セントラルキッチンとして機能する厨房を併設していることから、出来たての商品が並ぶアトリエのようなイメージで、アンティークのテーブルや、厨房内のシーンが見えるよう計画しています。屋外の「SHOKUPAN TERRACE」にはフォトスポットを設置。植栽には商品のジャムに使われているレモンやベリー系を用い、撮っても、見ても楽しむことができる空間としている。(室谷丞一郎/ジーク

 

嵜本 田園調布店
所在地:東京都大田区田園調布2-49-15
オープン:2018年12月7日
設計:ジーク 室谷丞一郎
床面積:129.6㎡
客席数:10席
Photo:adhoc 志摩大輔

 

This project is for the first shop in Kanto(East Japan) area of “Sakimoto”, specialty bakery shop from Kansai(West Japan). In consideration of the locality of Denenchofu area with calm atmosphere and the characteristic of all-glass compartment, we planned a space to be more sensitive and have more shine in than Osaka shop. The inside structure of shop made use of the original framework, and the color scheme was aimed to make products and café space stand out. Also, since the shop had adjoining central kitchen, we planned to make the antique table and scene of kitchen visible as if it was the atelier lined with freshly made bread.
In the outdoor “SHOKUPAN TERRACE”, the photo spot was arranged. Lemons and berries, used for their jam product, were planted there and the guests can enjoy the space both with taking photo and watching them. (Shoichiro Muroya / ZYCC)

 

Sakimoto Denenchofu store
Address: 2-49-15, Denenchofu, Ota-ku, Tokyo
Open: Dec. 7th, 2018
Design: ZYCC  Shoichiro Muroya
Floor area: 129.6㎡
Capacity: 10 seats
Photo:adhoc Daisuke Shima

 

这项目是在关西起家的高级方包专卖店“崎本“设在关东地区的第一家店。考虑到田园调布宁静的风土气息,我们计划利用全玻璃窗结构,打造出比大阪店低调、能沐浴阳光的舒畅空间。建筑内部由骨架构成,靠商品陈列的色彩凸显出取食区和品尝区。兼有中央厨房功能的操作间、宛如工作室里陈列品般的面包、古董桌子等,厨房内的情景——呈现在大家面前。把室外的“SHOKUPAN(方包)TERRACE(露台)“设置为取景地。我们采用了可以作为果酱的柠檬和莓类作植栽,给人带来可拍可赏的乐趣。(室谷丞一郎/ZYCC

 

崎本 田园调布店
地址:东京都大田区田园调布2-49-15
开业:2081年12月7日
室内设计: ZYCC 室谷丞一郎
实用面积:129.6平米
席位数:10席
摄影:adhoc 志摩大辅