FEATURE

MG Cafe

m1

m2

m3

m4

「MG Cafe」は、香港の旧カイタック空港のあった海沿いの觀塘プロムナードに隣接する、本格的な高品質イタリアンコーヒーを提供するカフェです。運営は、過去に数多くのバリスタチャンピオンを受賞したバリスタが手掛けています。旧カイタック空港の記憶が刻まれた古い工業地帯の魅力に呼応する、タイムレスであり、かつ都会的なライフスタイル感を意識しながら長く息づくカフェづくりを目指しました。デザインコンセプトで意識したのは空間に漂う“コーヒーアロマ”の視覚化。天井に丸みを帯びたウッドフレームを連ねることで視覚の連続性を生み、包み込まれたような空間をつくることで、コーヒーのアロマを滞留させるような感覚を意識しました。その連続したウッドフレームの先には、数々のコーヒーメーカーを始めとするディスプレーコレクションが飾られ、背面の壁にはデザイナー自身の手により数種のコーヒー豆の名前が描かれています。もう一方の奥のスペースには和みのテーブル空間があり、木工職人によってつくられたヘリンボーン模様の突き板天井が空間を覆い、ゆったりとした一体感のある雰囲気を生み出しています。(盛 世匡/Studio ARRT

 

MG Cafe
所在地:G/F, 133 Hoi Bun Rd, Kwun Tong, Kowloon, Hong Kong
開設:2014年
設計:Studio ARRT 盛 世匡
面積:100㎡
客席数:36席

 

MG Cafe locates along Kwun Tong Promenade just opposite side of old KaiTak airport in Hong Kong. MG café serves authentic high quality Italian coffee. MG cafe is operated by the one of a top-class barista who won many barista competitions in HK.
Our design mission is to respond to this memorable old industrial area where KaiTak airport brought lots of fortune to this area in past.
We intended to create timeless authentic cafe interior design with the interpretation of metropolitan life style.
The design concept started from the visualization of “coffee aroma” in space. The wooden ceiling feature create the bold statement of airily aroma. The layer of curvy wooden ceiling element enhances the visual perception of richness of coffee aroma. At the end of the wooden layer effect, our eyes focus on the collection of coffee making tool display with series of coffee bean’s name drawn by the interior designer on the feature wall. On the other side of the space, intimate seating area provides the relaxed mood with hand crafted Herringbone pattern engraved on wooden ceiling. (Seiki MORI / Studio ARRT)

 

MG Cafe
Address: G/F, 133 Hoi Bun Rd, Kwun Tong, Kowloon, Hong Kong
Open: 2014
Design: Studio ARRT Seiki MORI
Floor area: 100㎡
Capacity: 36 seats

 

“MG Cafe”毗邻香港前启德机场岸边的观塘海滨花园,是一间供应正宗优质意大利咖啡的咖啡厅。由一位曾经赢得过许多咖啡师比赛冠军的专业咖啡师所经营。
为了纪念前启德机场旧工业区的魅力,我们的目标是创造一个既不受时间约束,又能迎合都市生活方式能永续经营的咖啡馆。设计概念中,我们刻意将浮在空间中的“咖啡香气”可视化。通过将弧形木框架连接到天花板来创造视觉连续性,同时也创造一个封闭空间来保留咖啡香气的感觉。在连续木框架造型的前端是一个展示柜,陈列着许多咖啡机,而后墙上,则有设计师自己手绘的数种咖啡豆的名称。另一端的后方是摆放着和睦的桌子空间,由木工制作的鱼骨图案的单板天花板覆盖了空间,带出轻松而统一的氛围。(盛世匡/Studio ARRT

 

MG Cafe
地址:G/F, 133 Hoi Bun Rd, Kwun Tong, Kowloon, Hong Kong/中国・香港九龙观塘海滨道133号 萬万兆丰中心地铺
开业:2014年
室内设计:Studio ARRT 盛世匡
实用面积:100平米
席位数:36席