NEWS

「第3回サンゲツ壁紙デザインアワード」開催

3回目の開催となるデザインコンペティション「第 3回サンゲツ壁紙デザインアワード」が7月1日(月)から作品の募集を開始する。同コンペティションは、新たな発想やオリジナリティを備えたデザインを広く募集、受賞作品は商品化も検討される。 昨年開催された「サンゲツ壁紙デザインアワード 2018」には総数521点の応募があり、今年も”「Joy of Design」 デザインするよろこびを”をテーマに、新しいアイデアやデザインを募集する。

 

第 3回サンゲツ壁紙デザインアワード
募集対象:壁紙
募集テーマ:「Joy of Design」 デザインするよろこびを
応募資格:企業、団体、個人、グループ、年齢、性別、職業、国籍等の一切を不問
応募点数:制限なし
賞および賞金:大賞(1点)100万円、優秀賞(1点)50万円、入賞(3点)各20万円
審査員:谷山 直義(株式会社 NAO Taniyama & Associates代表取締役社長、クリエイティブディレクター)
植原 亮輔(株式会社キギ代表、クリエイティブディレクター・アートディレクター)
安東 陽子(安東陽子デザイン代表、テキスタイルデザイナー・コーディネーター)

安田 正介(株式会社サンゲツ 代表取締役 社長執行役員)※審査委員長
審査基準:(1)新たな発想やオリジナリティを備えたデザインか(モノのデザイン)
(2)空間や使用者を想定した視点や発想があり、それらに対する効果や影響力があるか(コトのデザイン)
(3)壁紙としての実現性と実用性があるか(商品化の可能性)

応募期間:2019年7月1日(月)~9月27日(金) 当日必着 ※WEBエントリー後に提出物を郵送
結果発表:2018年11月上旬にWEBサイト上で発表
問い合わせ先:サンゲツ壁紙デザインアワード事務局 info@sangetsu-award.jp
公式ホームページ:http://www.sangetsu-award.jp

Share