FEATURE

野鶴亭

鹿児島にある老舗旅館「野鶴亭(やかくてい)」の大広間。多目的に使用できるこの大広間は、数寄屋創りから連想したデザインの格子パーティションにて空間を分割、拡縮することができます。柱には瓦素材を、壁面には特殊ファブリックを用い、また光壁には同地で“雨の降る風景”が一番風情があることから、雨をイメージした和紙を設えました。ものさしでは測れない空間の表現であり、東洋独特の表現として“間”をコンセプトとし、和魂洋才をキーワードに、和でありながらも自然素材を現代的に取り入れた、歴史ある野鶴亭の品格を一つの時間軸の中で融合させました。(袴田広基/ACCA

 

「野鶴亭(やかくてい)」
所在地:鹿児島県霧島市隼人町東郷1-8
オープン:2019年4月8日
設計:ACCA 袴田広基
床面積:300㎡
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

Feel the interval, feel the sign. This versatile hall, which can be used for multiple purposes, can divide and expand the space with lattice partitions of the design associated with Sukiya’s creation. We installed tile materials on the pillars, special fabrics on the walls, and a Japanese paper reflecting the image of rain because the light wall has the best taste of the scenery that it rains here. The concept of space that can not be measured with a ruler, the concept as an expression unique to Oriental, with the concept of Japanese spirit with Western learning as a key word, contemporary use of natural materials despite being a sum, and fusing the dignity of historical YAKAKU-TEI on a time axis. (Hiroki Hakamada / ACCA)

 

【Yakakutei】
Address:1-8, Togo, Hayatocho, Kirishima-shi, Kagoshima
Open:Apr. 8th, 2019
Design:ACCA Hiroki Hakamada
Floor area:300㎡
Photo:Nacasa & Partners

 

位于鹿儿岛的历史悠久的旅馆“野鹤亭”的大厅,使用能使人联想到“数寄屋造(日本建筑样式之一。融入数寄屋风格的住宅样式。语源的“数寄”是喜好和歌、茶道或花道等风雅之事,“数寄屋”是“任凭喜好建造的家”,成为茶室之意。)”的格子状屏风来分隔或调节室内空间的大小。
支柱用瓦样素材,墙面采用特殊的布料,同时又从“雨景”为最有风情的风景的角度,将灯墙设置为使人联想到雨景模样的传统“和纸“。它是一种无法用尺子测量的空间的表达。其中“间”的概念是东洋独有的表达,以“和魂洋才(日本明治维新时期的一个思想。顾名思义,“和魂”指大和民族的精神,“洋才”是指西洋的科技。)”为概念,融合了现代材料与东洋传统文化。使历史悠久的野鹤亭的品格与现代化的表现融合展现在一个时间轴上。(袴田广基/ACCA

 

【野鹤亭】
地址:鹿儿岛县雾岛市隼人町东乡1-8
开业:2019年4月8日
室内设计:ACCA 袴田广基
实用面积:300㎡
摄影:Nacasa & Partners

Share