FEATURE

ハイアットリージェンシー北京ワンジン 旬八 / The Music Bar

ハイアットリージェンシーワンジンは、北京の中心からは少し離れた位置にあります。その中で、ホテルのゲストや周辺のオフィスで働く人々にとって、訪れる価値のある和食レストランとバーを要望されました。
ホテルロビーから続くエントランスには、グラデーションのように竹を立てることで、境界を曖昧にしつつ、徐々にゲストが和食店内に入り込んでいくことを意識しています。同時に中国でもある種の境界の表現手段として用いられる竹の重なりが、文化の重なりとしてローカルの人々にも響くのではないかと考えました。一部の竹にはメッキ加工を施し、伝統素材とモダンな要素の融合を試みています。オープンキッチンの周辺の勾配あるルーバー天井は、屋台のような雰囲気を演出し、ゲストとシェフが濃密なコミュニケーションをとれる居心地の良さを提供しています。一方、茶室空間の壁は、ネガポジ反転したような凹凸のデザインで、和をそのまま見せるのではなく、記号として表現し、そこからさりげなく和の空気を醸し出しています。また、プライベートルームでは、型板ガラスを使うことで、空間の奥行きを出すと同時に、人の気配を周りの空間へとつなげていくようデザインしています。
ホテルの全体のデザインは隈研吾氏が手掛けていて、その和を感じる空間に、別の切り口から和を表現していきました。(NAO Taniyama & Associates

 

「ハイアットリージェンシー北京ワンジン 旬八(Shunpachi) / The Music Bar」
所在地:8 Guangshun South Street, Beijing, China, 100102
オープン:2019年1月
設計者名:NAO Taniyama & Associates 谷山直義 林田まみ 三島奈都美
床面積:旬八/357㎡ Music Bar/276㎡
客席数:旬八/99席 Music Bar/85席
Photo:山下亮一、Jonathan Leijonhufvud SWE

 

The Hyatt Regency Beijing Wangjing is located a little outside of the center of Beijing. We were asked to design a Japanese restaurant worth visiting for hotel guests and office workers in the area.
We placed bamboo in a gradation pattern in the entrance, which is connected to the hotel lobby, to blend the boundaries and lead guests gradually inside the restaurant. We thought the layered bamboo, which is also used as a way of expressing types of borders in China, would hit home with the local people too because of the shared culture. We attempt to meld traditional material with modern elements by metal plating some of the bamboo. The slanted louver ceiling around the open kitchen evinces the atmosphere of a food stall and makes it a comfortable space where guests and chefs can have in-depth conversations. Conversely, the wall of the tea room has a bumpy design that looks inverted so that “Japan” is expressed by symbols as a subtle nuance rather than obviously. In the private room, we used patterned glass to give the space depth while also connecting glimpses of people through to the surrounding spaces.
This project expresses “Japan” from a different angle than the overall Japanese theme of the hotel, designed by Kengo Kuma. (NAO Taniyama & Associates

 

【Hyatt Regency Beijing Wangjing “Shunpachi” / “The Music Bar”】
Address:8 Guangshun South Street, Beijing, China, 100102
Open:Jan. 2019
Design:NAO Taniyama & Associates Naoyoshi Taniyama Mami Hayashida Natsumi Mishima
Floor area:Shunpachi 357㎡ / Music Bar 276㎡
Capacity:Shunpachi 99 seats / Music Bar 85 seats
Photo:Ryoichi Yamshita / Jonathan Leijonhufvud SWE

 

北京望京凯悦酒店距离北京市中心有一段距离。其中,客户需要酒店里有一家日本餐厅和酒吧,让酒店客人和周围办公室的上班族有来访的价值。
进入酒店大堂后继续往入口处走,会经过一片色彩渐变的竹林,我们以暧昧的方式来模糊空间的边界,将客人逐渐引入这间日本餐厅。与此同时,我们认为竹子的重叠作为在中国也常被表达某种界限的一种方式,也会影响当地人的文化重叠。我们将一部份的竹子做了电镀加工,试图将传统材料与现代元素融为一体。开放式厨房周围倾斜的格栅天花板营造出街边小吃摊般的氛围,同时也是一个让客人和厨师能够密切交流的舒适空间。另一方面,茶室空间的墙壁具有看起来像阴阳反转的凹凸设计,这是为了不让客人直接看出和风的设计,而以符号的方式来表现,若有似无的孕酿出和风的气氛。此外,在私人包间的设计采用了磨砂玻璃来增加空间的深度,同时将人们的气息和周围空间产生连结。
酒店的整体由隈研吾先生做设计,我们则从另一个不同的角度来表达了这个和风的空间。(NAO Taniyama & Associates)

 

【北京望京凯悦酒店  旬八日料餐厅(Shunpachi) / The Music Bar】
地址:中国 北京市朝阳区广顺南大街8号 院利星行中心
开业:2019年1月
设计:NAO Taniyama & Associates 谷山直义 林田MAMI 三岛奈都美
实用面积:旬八/357㎡ Music Bar/276㎡
席位数:旬八/99席 Music Bar/85席
摄影:山下亮一Jonathan Leijonhufvud SWE

Share