La Coquina cervecería

ここ「La Coquina cervecería」は、貝料理をメインメニューとするスペイン料理店。日本を代表する都市の一つ、渋谷の中心に新築された商業ビル「渋谷スクランブルスクエア」の上層階にあります。
デザインのアイデンティティーは、「貝」から得たインスピレーションをマテリアルやパターン、フォルムに置き換え、かつ海との関係が深いスペインのカタルーニャ文化を取り込むことで、貝・スペイン・海が三位一体となったような非日常感を備えたものとなりました。貝というキーワードから、「同じに見えて一つとして同じ貝がないこと」や「集積したときの見え方」などをデザイン変換していく作業はもちろん、「もし自分が貝だったら」という考え方にもフォーカスしています。その一つが天井のデザインです。貝の生息する海の底から見上げたときの海面の揺らぎや光の反射・屈折による煌めき。その想像の世界の美しさをタイルの色艶やパターン、ミラーにより表現することを試みました。また、渋谷の景色が店内に馴染むよう、抽象的な風景として映り込むモザイクミラーや、イソギンチャクのような照明器具、装飾性に富むスチールのスペイン・オーナメントが、テクニカルなライティングにより程良く混ざり合い、必然的にモデルニスモ建築の様式にも似たクリエーションが生まれました。その他、エントランスに鎮座するウェイティングバーを半周ほど周り、スロープで緩やかに抑揚をつけた動線を経てたどり着く空間。そこは空に浮かぶような立地条件に基づく物理的な要素も相まって、都会的で、思いがけないサプライズを凝縮したものとなりました。(井上愛之/ドイルコレクション

 

「La Coquina cervecería」
所在地:東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア 13階
オープン:2019年11月1日
設計:ドイルコレクション 井上愛之
床面積:211.5㎡
客席数:84席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

At Spanish restaurant La Coquina cervecería, the menu centers on clams. It is located on the the upper floors of a retail building constructed in the center of Shibuya, one of signature cities in Japan. Its design identity is inspired by clams and realized in the materials, patterns, and forms that also incorporate culture from the seaside region of Spain, Catalonia. This space is a step out of reality to a world of clams, Spain, and the sea. We focused on several aspects of the clam, such as the fact many clams look the same but none are truly identical, the appearance of many clams gathered together, and other concepts while also reflecting on what it would feel like to be a clam. The ceiling is one of these design elements. It sparkles and waves like the surface of the sea seen from below as clams do. We attempted to depict this imagined world with mirrors, patterns, and tiles of varying colors and reflectiveness. To create a smooth transition of the view of Shibuya from the window into the interior design, we combined mosaic mirrors, lighting in the shape of sea anemones, steel ornaments rich in decorative value from Spain, and technical lighting creating as a result an appearance similar to Modernismo architecture. Upon entering the restaurant, you are greeted by a waiting bar in the entrance. Walking half around the counter, you descend down a gradual slope along a pleasantly modulated line to arrive in the main space. There, the space is physically located such that it seems to float in air – concentrating urban and yet also delightfully surprising elements in once space. (Aiji Inoue / DOYLE COLLECTION

 

【La Coquina cervecería】
Address:Shibuya Scramble Square 13F, 2-24-12, Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo
Open:Nov.1st, 2019
Design:DOYLE COLLECTION Aiji Inoue
FloorArea:211.5㎡
Capacity:84 seats
Photo:Nacasa&Partners

 

“La Coquina cervecería”是以贝类料理为主要菜色的西班牙风味餐厅。位于日本主要城市之一的涩谷市中心一栋新建商业大楼的高楼层。
设计的特征是将贝壳中获得的灵感, 转换成装修材料、图案和形式, 并融合与海洋密切相关的西班牙加泰罗尼亚文化, 将贝类、西班牙和海洋结合在一起, 营造出三位一体般非凡的感觉。从关键字“贝壳”中,进行“虽然外观看起来都一样却没有一个贝壳是相同的”或“堆积时的视觉效果”等设计转换工作,以及专注于“如果我是贝壳”这样的思考模式。其中之一是运用在天花板的设计。从贝壳所在的海底向上看时,仿佛看见由于海面的波动以及光的反射和折射造成的波光粼粼。我们试图用瓷砖的颜色及光泽、图案和镜子来表达虚拟世界的美丽。
此外, 涩谷的景色像融入店内般,作为抽象的风景,我们运用灯光技术将马赛克镜子、像海葵一样的照明设备、富有装饰性的铁的西班牙装饰品适当的融合在一起,创造出类似于现代主义建筑形式般的空间。
在其他方面,镇座在入口处几乎达半个圆周长的等候吧台,人们通过一条缓坡的动线前往下一个空间。结合像漂浮在空中的地理位置这样的物理因素,将都会感和意想不到的惊喜浓缩进空间中。 (井上爱之/DOYLE COLLECTION

 

【La Coquina cervecería】
地址:东京都涩谷区涩谷2-24-12 Shibuya Scramble Square 13F
开业:2019年11月1日
设计:DOYLE COLLECTION 井上爱之
实用面积:211.5㎡
席位数:84席
摄影:Nacasa & Partners

Share