News

中国最大のインテリアデザインアワードIDPAが作品を募集中


CEIDA(China Europe International Design Association/中欧国際デザイン協会)ならびにCIID88(China International Design Net-work/中国国際インテリアデザインネットワーク連合)が主催するデザインアワード「Japan International Pioneer Design Award」(Japan IDPA)の2022年度作品応募受付が始まっている。
このアワードは、世界のマーケットに影響力を持つインテリアデザイナーや設計事務所を対象に国際的な設計作品を募り、世界最先端の文化やデザインコンセプトを理解すると同時に、文化的・創造的産業のグローバルな発展を促進させることで、世界各国の多文化交流と協力関係の実現を目的に開催されている。
募集対象は、2020年1月1日~2022年6月30日の間に完成した作品で、応募カテゴリーはインテリアデザイン、建築デザイン、プロダクトデザインの3ジャンル。カテゴリーごとに、プラチナ賞1名、ゴールド賞2名、シルバー賞5名、IDPA賞10名が選定される。

■CIID88とは
CIID88(中国国際インテリアデザインネットワーク連合)は、2012年に中国国内で設立されたインテリアデザイナーのプラットフォームです。現在、中国国内で最も影響力を持つインテリアデザインのプラットフォームとして、国内外に30万人以上の会員を擁しています。
創立以来、フランス、アメリカ、イタリアに事務所を置き、全世界の設計業界向けに国際間での交流や協力等を行なってきました。毎年フランス、アメリカ、イタリア、日本、ドバイにおいて、国際設計賞(IDPA)、設計展示、設計サミット等を行っており、日本のIDPAは2018年にスタートしました。18年、19年には中国から受賞デザイナーも来日して作品展示や審査員との懇親会も行いました。
各国の提携団体は以下です。
イタリア/イタリア中国文化中心、ミラノ工科大学、NABA美術学院、イタリア設計協会。
フランス/フランス設計学院、中欧国際設計協会、フランス家具設計協会。
アメリカ/ロサンゼルス市政府、米中文化貿易促進会、アメリカMCM国際設計集団、アメリカ建築設計協会、アメリカNBCテレビ。

■作品募集について
これまでは中国国内からのみ参加デザイナーを募っていましたが、今年からイタリア、日本からも作品募集することになりました。



「Japan IDPA 2022」募集概要

募集期間:募集中〜2022年6月30日(木)(日本時間)
応募対象カテゴリー:インテリア、建築デザイン、プロダクトデザインの3カテゴリー
応募対象作品:2020年1月1日~2022年6月30日の間に完成した作品
参加費:1作品あたり10,000円(税別)
主催:China Europe International Design Association/CEIDA
China International Design Net-work/CIID88
問い合わせ:idpa@bamboo-media.jp(BAMBOO MEDIA Co.Ltd.内)

www.idpa-japan.com

Share