REPORT

メゾン・エ・オブジェ・パリ 2015 9月展 レポート(1)

 

1

2015年9月4日から8日まで、「メゾン・エ・オブジェ・パリ 9月展(Maison et Objet Paris)」が開催された。「メゾン・エ・オブジェ」は、インテリアや建材、ライフスタイル関連のアイテムを中心にしたトレードショーで、近年では本国のフランスだけでなく、シンガポールやアメリカでも開催され、世界中からバイヤーやデザイナーが訪れる重要なトレードショーとなっている。

2-1

パリ市内、ノールヴィルパントの見本市会場

2-2

全8ホールにテーマ別の展示スペースが展開する

展示会場は、ジャンル別に大きく三つのエリアに分けられる。家具や照明、ファブリックなどインテリアアイテムを中心にした「メゾン」。キッチン、フレグランス、ファッションなど生活空間をより豊かにするアイテムを集めた「オブジェ」。そして、ラグジュアリーやデザイン性を重視し、ライフスタイルに対する提案を行う「リュクス デザイン&空間デザイン」。それぞれにブランドやメーカーの出展ブース、デザイナーによるプロダクトやアートの展示、メゾン・エ・オブジェの企画スペースなどが並ぶ。

3-1

ベルギーの家具メーカー「SEMPRE」。木材や石などの天然素材を多用したインテリア提案が目を引いた。

3-2

オランダのインテリアアイテムブランド「CRAVT Original」。キャンドルを用いたインスタレーション。

3-3

ベルギーのメーカー「Vandecasteele Marc & Co」は、バンブーを使った家具提案ととに、その素材をモチーフにしたブースを展開。

3-4

オフィスデザインや家具を手掛ける「BuzziSpace」は、厚みのあるフェルトを用いたパーティションなどを提案。

今年で20年目を迎えたメゾン・エ・オブジェは、徐々にその規模を拡大し、来場者の約35%を建築家やデザイナーといったクリエイター が占めるという。日本からも企業などが出展するほか、日本商環境デザイン協会(JCD)のプレゼンテーションや、照明デザイナー・石井幹子氏の招待ブース展示、昨年はデザイナーオブザイヤーにnendoの佐藤オオキ氏が選出されるなど関わりを深めている。

「建築やインテリアデザインにおいてインスピレーションのソースとなるプロダクトやアート、プロトタイプの出展が多くある。出展者、来場者として日本のデザイナーが訪れることで、そのアイデアとのイノベーションが生まれることを期待している」と話すのは、メゾン・エ・オブジェを主催するSAFIのフレデリック・ブジャール氏。また、イタリアで開催されているミラノ・サローネなど他の見本市との差別化については、「メゾン・エ・オブジェは、人々の暮らしすべてに関連するものが提案される場所。例えばミラノ・サローネが家具を中心とした見本市とするならば、メゾン・エ・オブジェは生活空間全体に対する見本市」と語る。

10

メゾン・エ・オブジェを主催するSAFIのフレデリック・ブジャール氏。

毎回メゾン・エ・オブジェではメインテーマを設け、そのテーマに沿った企画展やトレンドセッターによる提案スペースが展開する。今回、設定されたテーマは「PRECIOUS(プレシャス)」。尊い、貴重、大切などの意味を持つこの言葉を、今とこれからの世界のトレンドを通して解釈した製品、作品が会場の各所に並んだ。トレンドセッターの一人、ヴァンサン・グレゴワール氏は今回のテーマについて次のように話す。

「近年のインテリア、ライフスタイルにおいて、特に北欧デザインを中心としたシンプルなものや、自然の素朴な素材感を感じるアイテムが多く求められてきたが、消費者たちは次の新しい価値観を求め始めている。今回のテーマであるPRECIOUSは、ギラギラしたものやただ高価なものを指すではなく、繊細さや儚さ、ミニマルな要素を持った新たなラグジュアリーを見つめ直すもの」

グレゴワール氏がディレクションを担当したブックストアでは、ファッション、フード、工芸、デジタルデータ関連などさまざまなジャンルから、現代における“ラグジュアリー”がいかに変化してきたかを示す書籍をセレクトした。また、グレゴワール氏の知人40人に「あなたにとってのPRECIOUSは?」と尋ねて得られた40の答えを展示。「土」や「お金」「空気」のほか、「時間」など概念的な価値をガラスドームの中に表現した。

3-9

今回のメゾン・エ・オブジェのテーマ、「PRECIOUS」をもとにしたインスタレーションとブックストア。

4-0

メゾン・エ・オブジェのディレクター、ヴァンサン・グレゴワール氏。

メゾン・エ・オブジェの企画スペース「インスピレーション」。全体のテーマであるPRECIOUSをもとにセレクトされた「ゴールド」や「鉱石」を用いたアートやオブジェ、素材が展示される。 グレゴワール氏曰く、これらは今のトレンドの一つである「ミネラリティ(鉱石など風合い、素材感)」を示すものだ。

4-1

企画展「インスピレーション」では、ゴールドや鉱石などをモチーフにしたオブジェが並んだ。

4-2

5

6

7

 

企画展や企業のブースのほかにも、デザイナー個人によるプロダクトの出展やブースなどが展開した。個人出展のデザイナーへのインタビューについてはレポート(2)で紹介する。(つづく)

11

今年のデザイナーオブザイヤーに選ばれたDorothée Meilichzon(ドロテ・メリクソン)による、雑誌ELLEとコラボレーションしたカフェ。

12

13

 

 

14

パリデザインウィークとコラボレーションしたイスの展示スペース。

15

 

16-1

今の世界のトレンドである素材を集めたスペース「materiO」。

16-2

石や鉄といった「ミネラリティ」のある素材が並ぶ。

16-3

 

 

 

17-1

会場全体の出展から、「PRECIOUS」のテーマを体現するプロダクトやアートがセレクトされたスペース。

17-2

17-3

 


チームラボによる企画スペース「Floating Flower Garden」では、天井から吊られた無数の花が、足を踏み入れた来場者に道を開けるように上昇していくインスタレーション作品が展示された。

 

20-1

デンマーク政府が、自国のクリエイター育成・助成のために毎年行っている「Danish Collection」による展示。5名の作家の作品が並ぶ。

20-2

Laura Baruelによる、草花の色を写しとったグラフィックをプリントしたファブリック。

20-3

Martine Myrupによるカーボン素材を布で覆ったツボ。カーボンの実際の軽さと、見た目の軽やかさが相まって、触れる者に不思議な感覚をもたらす。

20-4

Anne Tophojは、土の塊を半球状の器具で型押ししたものや、液状の土をボウルに流し込んだ時に生まれた形状をそのまま焼成し器として提案。

 

 

P9050620

ドイツ人デザイナー、SASCHA R & RWEIDEMANNのブースでは、金属と異素材を組み合わせた個性的な家具が並んだ。写真は金属+タイヤ+木のラック。

P9050635

 

 

 

 

P9050763

家具ブランドCOLECTが提案する、オフィスやホテルなどの広い空間に向けたテーブル。精巧な引き出しの収まりが興味深い。

P9050768

 

 

P9050906

デンマークの家具ブランドHAYが展開するアウトドア家具コレクション「PALISSADE」は、フランス人デザイナーデュオRonan & Erwan Bouroullecによるもの。

P9051003

ベルギーの照明ブランドSPIRIDONのブース。

P9071313

キャンドルなどインテリア雑貨を中心に扱うANNA KILPEのブース。

 

 

メゾン・エ・オブジェ・パリ
会期:2015年9月4日(金)~8日(火)
場所:パリ・ノール・ヴィルパント見本市会場(ZAC Paris Nord 293420 Villepinte, France)

Share