作成者別アーカイブ: bambo

薪窯ピッツァ・カフェ NORTH GARDEN by mothers

万博記念公園内の有料敷地内に出店された「薪窯ピッツァ・カフェ NORTH GARDEN by mothers」。公園という最高のロケーションを最大のメリットとするための新業態開発から始まった。薪釜ピザをメインとしたイタリアンカフェとし、公園内で出る間伐材を店内で活用するほか、公園のロケーションを利用しアウトドアウエディングの企画運営も行うなど、他店とは差別化された業態となった。
店内はツリーハウスをコンセプトに、公園内のシンボルツリー的存在となり、人が集うお店にしたいという思いを込めた。既存の建築躯体を再利用し、お店自体を大きなツリーに見立て、外壁には無垢板を、屋上には植栽計画を行なった。店内には壁面いっぱいにイラストレーター・岡野藍氏によるウォールアートを施し、いわゆる“映え”のエリアとなった。植物の成長と共に緑が生い茂る、公園に根付くお店になる事を目指し、キーカラーはコンセプトに相応しい彩度を押さえたグリーンを採用。レイアウトは雨天時に屋内ウエディングができるよう、フレキシブルに対応できるよう考慮した。また、店内外から視認性の良い位置にピザ釜のある工房を配置。ライブ感があり一番の演出の目玉である。計画全体に渡りできる限りケミカルな建材を使用せず、公園環境にふさわしい店舗づくりを行なった。このお店が公園のランドマークになることを願う。(平野大偉/イチミリデザイン

 

「薪窯ピッツァ・カフェ NORTH GARDEN by mothers」
所在地:大阪府吹田市千里万博公園10-3
オープン:2019年11月1日
設計:イチミリデザイン 平野大偉
照明計画:モデュレックス
施工:ラックランド
床面積:136.38㎡
客席数:60席
カメラマン名:A.P.First 荒木義久

 

A restaurant was to be built in Expo ’70 Commemorative Park.
In order to maximize the merits of this excellent location, a new type of business was developed.
An Italian café serving mainly pizza, and using the wood thinned from trees in the park to fuel the stone oven, was created. The restaurant also differentiated its business by offering outdoor weddings taking advantage of its location in the park. We designed this to be a symbolic place in the park, where people would gather, based on the concept of a treehouse. Reusing the existing structure, we decorated the building to look like a large tree, with solid wood used for the outside wall and on the roof, we conducted planting design. We tasked illustrator Ai Okano with covering the walls inside the restaurant to make it a so-called photogenic restaurant.
We planned the plantings so that they would grow and flourish to eventually root the restaurant in the park. The key color was a muted green, appropriate for the concept. To make weddings possible even when it rains, we intentionally made it a flexible design. The kitchen, with the pizza oven, was placed in a highly visible place in the restaurant, thereby creating a dynamism and providing a bit of show.
We also attempted to use as little chemical building materials as possible to make it into a restaurant fitting for the park. We hope that this restaurant will become a landmark of the park. (Hirano Dai / ICHIMIRI DESIGN)

 

【Makigama pizza cafe NORTH GARDEN by mothers】
Address: 10-3, Senri Banpaku Kouen, Suita-shi, Osaka
Open: Nov. 1st, 2019
Design: ICHIMIRI DESIGN Hirano Dai
Lighting plan: ModuleX Inc.
Construction: LUCKLAND CO.,LTD.
Floor area: 136.38㎡
Capacity: 60 seats
Photo:A.P.First Yoshihisa Araki

 

这家店铺在“大阪万博纪念公园”内(收费园区)开业了。为了使公园的最佳位置成为店铺最大的优点,我们从开发新的业态开始进行规划。这是一家意大利咖啡馆业态,活用公园内的间伐材为燃料,主要供应窑烤披萨(pizza)。另外,我们还利用公园内的位置优势规划及运营户外婚礼,打造出与其他店铺有所不同的新业态。我们以树屋作为设计概念,店铺整体象征伫立在公园内的一棵树,成为人们聚集的地点。现有的建筑框架被重复使用,店铺本身就像一棵大树,外墙以实木板装饰,而屋顶则采用植栽绿化。我们请插画家冈野蓝女士以墙壁艺术的型式来填满整个墙面,也成为了所谓的打卡地。旨在成为扎根于公园内的店铺,随着植物的生长而绿意盎然。店铺采用了与整体概念相呼应并且适当控制彩度的绿色为主要颜色。我们也考虑到可以灵活调整的布局规划,以便在下雨天进行室内婚礼。烤披萨(pizza)的石窑工作室设置在店铺内外都能看到的位置,临场感吸引人们的目光,也成为空间演绎的核心。此外,尽量避免使用化学建材,打造一个适合公园环境的店铺。我们希望它能成为公园内的地标。(平野大伟/ICHIMIRI DESIGN

 

【窑烤pizza・Café NORTH GARDEN by mothers】
地址:大阪府吹田市千里万博公园10-3
开业:2019年11月1日
设计:ICHIMIRI DESIGN 平野大伟
照明规划:ModuleX Inc.
施工:LUCKLAND CO.,LTD.
实用面积:136.38㎡
席位数:60席
摄影:A.P.First 荒木义久

Share

串亭 銀座

「串亭 銀座」は、串亭ブランドの旗艦店として計画された。同ブランドの店舗は、立地や特性に応じ〈ラグジュアリー〉〈アッパーミドル〉〈カジュアル〉の三つのステージに分けられるが、今回は〈ラグジュアリー〉に位置するフラッグシップの位置付けとなった。ブランド全体の「オリエンタルな和」という考え方を継承しながらも、今までとは違うデザインで、かつ銀座エリアにふさわしい空気感が求められた。
その空気感をつくる上で、モメンタムファクトリー・Oriiの折井宏司氏と組み、千変万化の表情をつくり出す銅板発色を用いて、串揚げを揚げた時の臨場感やシズル感を壁面全体に表現している。また、小上がり席の窓面から見える銀座の印象的なネオン看板を借景とし、色合いに変化のあるドライ盆栽でファサード、カウンター、小上がり、そして外部をつなぐことで、店全体に一体感をつくり出している。(増田太史/マスタード

 

「串亭 銀座」
所在地:東京都中央区銀座6-4-3 GICROS GINZA GEMS 6階
オープン:2019年11月16日
設計:マスタード 増田太史
アート:壁面銅製着色アート/モメンタムファクトリー・Orii 折井宏司
ドライ盆栽/藤田茂男
床面積 :66㎡
客席数:32席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

Kushitei Ginza was planned to be the flagship location of the Kushitei restaurant brand. This brand’s restaurants are divided into “luxury,” “upper middle,” and “casual” types of restaurants based on their location and characteristics, and the flagship store is in the “luxury” category. We were asked to create a new atmosphere appropriate for the Ginza area while also drawing inspiration from the brand design concept “oriental Japanese.”
We partnered with Koji Orii of Momentum Factory Orii to create this atmosphere. We used a bronze plate color to create an impression constant change on the walls, paralleling that of the excitement and sizzling of frying kushiage. We connected the “borrowed scene” of neon signs, a characteristic scene of Ginza, visible from the window next to the slightly raised seats and connected it with varicolored dried bonsai through to the entire restaurant, including the façade, counter, raised seats and even outside of the restaurant, to pull the entire design together. (Futoshi Masuda / MASTERD)

 

【Kushitei Ginza】
Address: GICROS GINZA GEMS 6F, 6-4-3, Ginza, Chuo-ku, Tokyo
Open: Nov. 16th, 2019
Design: MASTERD Futoshi Masuda
Art: Colored copper wall art by Momentum Factory Orii Koji Orii
Dry Bonsai by Shigeo Fujita
Floor area: 66 ㎡
Capacity: 32 seats
Photo: Nacasa & Partners

 

“串亭 银座”是串亭这个品牌所打造出的旗舰店。该品牌根据其地点和特征,将店铺分为<豪华>、<中上>和<休闲>三种级别,这次的项目是<豪华>等级的旗舰店。在继承整个品牌的“东方和风”概念的同时,与以往不同,必需打造出一种适合银座地区的氛围。
为了创造这种氛围,我们与Momentum Factory Orii公司的折井宏司先生合作, 运用了铜板着色技术来制作整个墙面以表达出千变万化的表情,让厨师在炸串时呈现出一种生机勃勃的临场感。此外,从架高地板座席区的窗户能看到令人印象深刻的银座霓虹灯招牌也被用作借景,并且以色彩变化丰富的干燥花盆景将店铺窗景、吧台以及小小的架高地板客席区连接起来,使整个环境设计及视觉效果达成一体。(增田太史/MASTERD

 

【串亭 银座】
地址:东京都中央区银座6-4-3 GICROS GINZA GEMS 6F
开业:2019年11月16日
设计:MASTERD 增田太史
艺术作品:墙面铜制彩色艺术作品/Momentum Factory Orii 折井宏司
干燥盆景:藤田茂男
实用面积:66㎡
席位数:32席
摄影:Nacasa & Partners

Share

La Coquina cervecería

ここ「La Coquina cervecería」は、貝料理をメインメニューとするスペイン料理店。日本を代表する都市の一つ、渋谷の中心に新築された商業ビル「渋谷スクランブルスクエア」の上層階にあります。
デザインのアイデンティティーは、「貝」から得たインスピレーションをマテリアルやパターン、フォルムに置き換え、かつ海との関係が深いスペインのカタルーニャ文化を取り込むことで、貝・スペイン・海が三位一体となったような非日常感を備えたものとなりました。貝というキーワードから、「同じに見えて一つとして同じ貝がないこと」や「集積したときの見え方」などをデザイン変換していく作業はもちろん、「もし自分が貝だったら」という考え方にもフォーカスしています。その一つが天井のデザインです。貝の生息する海の底から見上げたときの海面の揺らぎや光の反射・屈折による煌めき。その想像の世界の美しさをタイルの色艶やパターン、ミラーにより表現することを試みました。また、渋谷の景色が店内に馴染むよう、抽象的な風景として映り込むモザイクミラーや、イソギンチャクのような照明器具、装飾性に富むスチールのスペイン・オーナメントが、テクニカルなライティングにより程良く混ざり合い、必然的にモデルニスモ建築の様式にも似たクリエーションが生まれました。その他、エントランスに鎮座するウェイティングバーを半周ほど周り、スロープで緩やかに抑揚をつけた動線を経てたどり着く空間。そこは空に浮かぶような立地条件に基づく物理的な要素も相まって、都会的で、思いがけないサプライズを凝縮したものとなりました。(井上愛之/ドイルコレクション

 

「La Coquina cervecería」
所在地:東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア 13階
オープン:2019年11月1日
設計:ドイルコレクション 井上愛之
床面積:211.5㎡
客席数:84席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

At Spanish restaurant La Coquina cervecería, the menu centers on clams. It is located on the the upper floors of a retail building constructed in the center of Shibuya, one of signature cities in Japan. Its design identity is inspired by clams and realized in the materials, patterns, and forms that also incorporate culture from the seaside region of Spain, Catalonia. This space is a step out of reality to a world of clams, Spain, and the sea. We focused on several aspects of the clam, such as the fact many clams look the same but none are truly identical, the appearance of many clams gathered together, and other concepts while also reflecting on what it would feel like to be a clam. The ceiling is one of these design elements. It sparkles and waves like the surface of the sea seen from below as clams do. We attempted to depict this imagined world with mirrors, patterns, and tiles of varying colors and reflectiveness. To create a smooth transition of the view of Shibuya from the window into the interior design, we combined mosaic mirrors, lighting in the shape of sea anemones, steel ornaments rich in decorative value from Spain, and technical lighting creating as a result an appearance similar to Modernismo architecture. Upon entering the restaurant, you are greeted by a waiting bar in the entrance. Walking half around the counter, you descend down a gradual slope along a pleasantly modulated line to arrive in the main space. There, the space is physically located such that it seems to float in air – concentrating urban and yet also delightfully surprising elements in once space. (Aiji Inoue / DOYLE COLLECTION

 

【La Coquina cervecería】
Address:Shibuya Scramble Square 13F, 2-24-12, Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo
Open:Nov.1st, 2019
Design:DOYLE COLLECTION Aiji Inoue
FloorArea:211.5㎡
Capacity:84 seats
Photo:Nacasa&Partners

 

“La Coquina cervecería”是以贝类料理为主要菜色的西班牙风味餐厅。位于日本主要城市之一的涩谷市中心一栋新建商业大楼的高楼层。
设计的特征是将贝壳中获得的灵感, 转换成装修材料、图案和形式, 并融合与海洋密切相关的西班牙加泰罗尼亚文化, 将贝类、西班牙和海洋结合在一起, 营造出三位一体般非凡的感觉。从关键字“贝壳”中,进行“虽然外观看起来都一样却没有一个贝壳是相同的”或“堆积时的视觉效果”等设计转换工作,以及专注于“如果我是贝壳”这样的思考模式。其中之一是运用在天花板的设计。从贝壳所在的海底向上看时,仿佛看见由于海面的波动以及光的反射和折射造成的波光粼粼。我们试图用瓷砖的颜色及光泽、图案和镜子来表达虚拟世界的美丽。
此外, 涩谷的景色像融入店内般,作为抽象的风景,我们运用灯光技术将马赛克镜子、像海葵一样的照明设备、富有装饰性的铁的西班牙装饰品适当的融合在一起,创造出类似于现代主义建筑形式般的空间。
在其他方面,镇座在入口处几乎达半个圆周长的等候吧台,人们通过一条缓坡的动线前往下一个空间。结合像漂浮在空中的地理位置这样的物理因素,将都会感和意想不到的惊喜浓缩进空间中。 (井上爱之/DOYLE COLLECTION

 

【La Coquina cervecería】
地址:东京都涩谷区涩谷2-24-12 Shibuya Scramble Square 13F
开业:2019年11月1日
设计:DOYLE COLLECTION 井上爱之
实用面积:211.5㎡
席位数:84席
摄影:Nacasa & Partners

Share

イソップ 新宿店

林立する高層ビル群、隙間がない程の雑踏、そしてネオンサインなどのギラついた街の空気-。「新宿」という街は非常に人工的で混沌とした都市でありながら、どこか80年代を彷彿とさせるノスタルジックな空気や、人間臭さ、儚さが漂っている。 私たちは新宿のこのような空気と、ある種その空気とは相対するイソップの自然派生的な大らかな空気とを一つに融合させたストアをつくりたいと考えた。それは一見して冷たいようであたたかく、新しいようで懐かしい。この街の新たな拠り所のような場所である。メインマテリアルには鏡面に仕上げたステンレスを使用。そして壁面は、これに相対するようにラフな表情の左官で仕上げ、煌びやかで人工的なステンレスのボリュームと組み合わせることで、新宿だからこそ成り立つイソップらしい空間となっている。(二俣公一/ケース・リアル

 

「イソップ 新宿店」
所在地:東京都新宿区新宿3-36-5
オープン:2020年2月
設計:ケース・リアル 二俣公一 大仁田雄輝
照明計画:BRANCH lighting design 中村達基
施工:アンドエス
床面積:82.1㎡
Photo:adhoc 志摩大輔

 

In the forest of high-rise buildings, tight alleys glow with the light of neon signs lending a sparkle to the whole city. Shinjuku is an extremely unnatural and chaotic city with faint nostalgia reminiscent of the 1980s, decidedly human, and fleeting. We aimed to create a store combining this unique Shinjuku atmosphere with the completely different naturally occurring and lenient atmosphere of Aesop. At first glance, it appears cold but is actually warm, seems new but is actually old. This space will be a new kind of third place in Shinjuku. Its main material is mirror-finish stainless steel. The walls were plastered to a rough texture and combined with the volume of sparkling and unnatural stainless steel to create a space unique to Aesop and derived from the city of Shinjuku. (Koichi Futatsumata / CASE-REAL)

 

【Aesop Shinjuku】
Address:3-36-5 Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo
Open:Feb. 2020
Design:CASE-REAL Koichi Futatsumata Yuki Onita
Lighting plan:BRANCH lighting design Tatsuki Nakamura
Construction:&S co.,ltd
Floor area:82.1㎡
Photo:adhoc Daisuke Shima

 

高耸林立的高层建筑群,簇拥到甚至连缝隙都没有的程度,还有霓虹灯等等闪烁耀眼的街道氛围。“新宿”是座洋溢着非常人工且混沌的都市,又仿佛什么地方弥漫着80年代怀旧的氛围,人类的气息、以及虚幻。我们想要打造一处将新宿的这种氛围和某种又与这种氛围相对的,由Aēsop自然衍生的大气凛然的氛围融为一体的店铺。那是一种乍看之下貌似冰冷却又炙热,好似新潮却又怀念的感觉。是成为这条街上新的据点一般的佳处。主要材料使用的是镜面加工的不锈钢。而墙面是与之相对的带有粗糙质感的水泥加工,与华丽的人工不锈钢的饱满相辅相成,成为了新宿特有的独具匠心的Aēsop风格空间。(二俣公一/CASE-REAL

 

【Aēsop(伊索)新宿店】
地址:东京都新宿区新宿3-36-5
开业:2020年2月
设计:CASE-REAL 二俣公一 大仁田雄辉
照明规划:BRANCH lighting design 中村达基
施工:&S co.,ltd
实用面积:82.1㎡
摄影:adhoc 志摩大辅

Share

西陣織「KYOGO」から耐久性を備えた張地が発表

150年以上続く西陣織メーカー、加地織物(京都市・上京区)が手掛けるインテリアファブリックブランド「KYOGO」から、耐久性を兼ね備えた西陣織張地が発表された。
「KYOGO」は、図案から織りまで一貫した自社製作による、伝統技術を生かしたモダンな織物を展開し、これまでも国内外のブランドショップやホテル・レストランの壁紙などの内装用生地を提供してきた。
今回「KYOGO」では、素材や織り方の研究を重ね、国際基準の摩耗強度試験であるマーチンデール法試験5万回を超える西陣織生地の開発に成功。細い糸を繊細且つ特殊技法で織り上げるがゆえに弱点とされてきた、磨耗強度の問題を克服する新製品は、オプションによる撥水加工も可能で、今後、ホテル・レストランなどの椅子やソファの張り地として提案していくという。

西陣織インテリアファブリック「KYOGO」
https://kyo-go.com

Share

MODERNS GINZA / STAR BAR NAMIKI, BITTERS END CLUB, 3[drei]

「MODERNS GINZA」は、銀座並木通りにワンランク上の大人のエンターテインメントを提供する商業施設。「銀座、並木通りにオーセンティック・カルチャーの発信基地を作る。」をコンセプトに「古くて、新しい、時代の流れに揺るがないもの」を発信していくというオーナーの強い想いを受けプロジェクトがスタートした。近年のスタイリッシュで開かれた商業施設とは対照的に、クラシカルでありながら新しい、重厚感のある商業施設を目指している。
1階「STAR BAR NAMIKI」は、「シックなボタニカル」、2階「BITTERS END CLUB」は「1920年代の文芸キャバレー」、3階「3[drei]」は「オーセンティック・カルチャーの発信拠点となるイベントスペース兼ギャラリー」をテーマに、「再現」ではなく「再構築」を意識したデザイン形状・素材選定を心掛けた。元々、地下1階に店舗を構えるオーセンティックバー「STAR BAR GINZA」の持つ空気感や、時の経過によって表情、質感共に魅力を増した階段のテラゾー等は大切に残しながら、ビル全体で統一感のある世界観を構築している。(大井悠平/SAVAC inc.

 

「MODERNS GINZA / STAR BAR NAMIKI, BITTERS END CLUB, 3[drei]」
所在地:東京都中央区銀座1-5-13
オープン:2019年11月12日
設計者名:SAVAC inc. 大井悠平 天野健太郎
床面積:約236.3㎡(延床面積)/STAR BAR NAMIKI約38.3㎡ BITTERS END CLUB約41.15㎡ 3[drei] 約41.15㎡
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

“MODERNS GINZA” is a commercial facility that offers a higher-grade adult entertainment on Ginza Namiki-dori street. The project was started in response to the owner’s strong desire to transmit “old yet new and unchanging to the times” with the concept of “creating an authentic culture transmission base on Ginza and Namiki-dori”. In contrast to the stylish and open commercial facilities of recent years, it aims to be a new, solid, yet classical commercial facility.
“STAR BAR NAMIKI” on the first floor is a “chic botanical”, “BITTERS END CLUB” on the second floor is a “literary cabaret of the 1920s”, and “3 [drei]”, on the third floor, with the theme of “event space and gallery serving as a base for authentic culture”, we focused on design shape and material selection not for “reproduction” but for “reconstruction”. We built a world view with a sense of unity throughout the building by preserving the atmosphere of the authentic bar “STAR BAR GINZA” that had been on the first basement floor before the project started and the terrazzo on the stairs that become more attaractive in both facial expression and texture over time. (Yuhei Ooi / SAVAC inc.)

 

【MODERNS GINZA / STAR BAR NAMIKI, BITTERS END CLUB, 3 [drei]】
Address: 1-5-13 Ginza, Chuo-ku, Tokyo
Open: Nov. 12th, 2019
Designer name: SAVAC inc. Yuhei Ooi Kentaro Amano
Floor area: 236.3㎡ (total floor area) / STAR BAR NAMIKI 38.3㎡ / BITTERS END CLUB 41.15㎡ / 3 [drei] 41.15㎡
Photo: Nacasa & Partners

 

“MODERNS GINZA”是位于银座并木通大道,提供高层次成人娱乐的商业设施。我们是在汲取了业主提出的,“在银座・并木通大道上打造正统文化的发源基地”为理念,将“复古又卓新、不会在时代的洪流中为之动摇的东西”发源弘扬开来的强烈想法中,展开此次开发企划。与近年来顺应流行开设的商业设施形成对比的是,我们的目标是既秉承传统复古,又打造出创新、富有厚重感的商业设施。
1楼的“STAR BAR NAMIKI”是以“别致的植物元素”为主题,2楼的“BITTERS END CLUB”是以“1920年代的文艺酒馆”为主题,3楼的“3[drei]”是以“正统文化的发源据点,作为集会活动空间兼展览区“为主题,我们不是“再现”而是以“再构筑”为意识来精心设计形状,选择素材。原本,地下1楼打造的正统派酒吧“STAR BAR GINZA”所具有的空气感,还有在时间的流逝中表情、质感都已极增魅力的楼梯的水磨石等等,皆被精心的保留了下来,从而大楼整体构筑了具有统一感的世界观。(大井悠平/SAVAC inc.

 

【MODERNS GINZA/STAR BAR NAMIKI、BITTERS END CLUB、3[drei]】
地址:东京都中央区银座1-5-13
开业:2019年11月12日
设计:SAVAC inc. 大井悠平 天野健太郎
实用面积:约236.3㎡/STAR BAR NAMIKI约38.3㎡、BITTERS END CLUB约41.15㎡、3[drei] 约41.15㎡
摄影:Nacasa & Partners

Share

堀田カーペットから20色展開のウールラグ新発売

こだわりのウールカーペットを製造する堀田カーペットから、ウールラグ「COURT」の新商品「Colored Court」が4月上旬に発売される。
「COURT」は、堀田カーペットがホテル案件等でのノウハウを生かし、2016年に立ち上げた家庭用ラグブランドで、フィッシャーマンズセーターをデザインソースとした「Fisherman’s Court」、異なる羊毛の良さを生かした「Local Woolen Court」、60年代プレッピーの要素を取り入れた「College Court」の3シリーズを展開中。フローリングなどの上にそのまま使用することができる。
今回新たに加わる「Colored Court」は、特に色にこだわり、英国の町並みやインテリア、ファッションなどで使われる色をセレクト。インテリアにマッチしながらアクセントカラーとしても楽しめる20色が用意される。ラグは英国産ウール100%で、四角形10種、楕円形2種、正円3種の展開。四角形と正円はカスタムサイズにも対応するという。

「Colored Court」
カラー:全20色
素材:英国産ウール100%
発売日:2020年4月上旬
https://hdc.co.jp/court/ 

Share

MOEBE初の照明アイテム「セラミックペンダント」新発売

コペンハーゲンを拠点に建築家・家具職人の3名で活動するデザインスタジオ「MOEBE(ムーべ)」。建築的な思考に基づき、徹底的に考え抜いた緻密な構造とミニマリズムを追求したプロダクトが人気を博している。

MOEBE初の照明アイテム「セラミックペンダント」が2020年4月20日より日本での販売開始となる。マットなテクスチャーのシェードは素焼きのセラミック。一つ一つ手作業のため、手作りならではの個体差を楽しむことができる。コードに固定されていないので、シェードを左右に動かし角度を変えることで光の向きを調整できる。サイズは、ナローとワイドの2種類。ベッド再度では単一で、ダイニングテーブルではいろいろと組み合わせて多灯吊りにするなど、空間に合わせて様々な表情を演出できる。

 

セラミックペンダント(ナロー)
サイズ(シェード部分):W11.2×H22.0cm
重さ:0.7kg
価格:17,000円(税別)

セラミックペンダント(ワイド)
サイズ(シェード部分):W23.0×H23.5cm
重さ:1kg
価格:20,000円(税別)

※全長(天井からシェードの下まで):ナロー、ワイドともに122cm(コードのカットや延長対応可能)
※適合ランプ:E26普通のランプシリカ60W
取扱店:ROUND ROBIN https://store.roundrobin.jpなど
問い合わせ:株式会社NOMAD 問い合わせフォーム より

Share

MeeHotel

「MeeHotel」は、中国の深圳にある新しい都市型リゾートホテルで、ビジネス旅行者に安らぎを提供することを目指して計画された。
「Bamboo Forest」と呼ばれる立地から着想し、空間のストーリーを構築している。ロビーでは竹が用いられ、洗練された光と影をメインの壁面に生み出し、利用客を出迎える。また、受付とロビーラウンジを特徴づける、壁全面の伝統的な竹編み装飾を作成するため、さまざまな実地試験を行った。傾斜した天井と自然の珪藻土で仕上げた壁は、照明と相まって空間全体にミニマルなレジャー体験を提供する。
客室フロアでは、天井の高さを倍にした中庭を2フロアごとに設け、雲が空中に浮かんでいるかのような竹のインスタレーションを導入。竹編み職人と協議を重ね、竹の自然な弾力性と伝統的な工法を利用して曲線を生み出している。利用客は客室に到着する前に、抽象的な竹の森を通り抜けるような気分に浸ることができる。
また、すべての客室において、ヘッドボードに使用されている竹と籐が、間接照明によって部屋に陰影を浮かび上がらせ、落ち着いた雰囲気とエレガントさを生み出している。
最上階のスカイカフェには、禅寺や教会のような空間が、竹の構造で建設された。上部の天窓により、昼間は自然光が座席エリアの中央に落ち、一方夜には天井に吊り下げられた円形のLEDライトが無限に輝く月を形成し、詩的な体験を提供する。
建築からインテリアにいたるまで、竹のユニークな品質を生かした空間は、普段無視されがちな伝統的な手工芸品の美しさを評価し、認めるよう促すものでもある。このホテルが私たちの忙しい都市生活における美しさ、機能、文化を高めることにつながればと願う。(Panorama Design Group

 

「MeeHotel」
所在地:No. 1 Zizhu Seventh Road, Bamboo Forest, Futian District, Shenzhen, China
オープン:2020年1月
設計:Panorama Design Group Horace Pan Wendy Lam Szeka Yung Candace Pun Ming Cai
床面積:6,200㎡
Photo:GD Media、POPO VISION

 

MeeHotel is a new urban resort hotel in the city of Shenzhen, China aims to give business travelers a peaceful state. The project location is called “Bamboo Forest”, so we naturally generate our story from this name.
Starting from the lobby space, bamboo was selected as the key material to let customers enter the lobby space and greeted by sophisticated light and shadow effect on the main wall. Various on-site tests & experiments with traditional bamboo weaver were done to create full height screens to define reception and lobby lounge area. Pitched roof ceiling and natural diatom mud finished walls overlay by articulated light and shadow effects provide a minimal and leisure experience for the entire space.
Double height central courtyards were introduced in every two guest-room floors. A reflective lake with bamboo installation of dancing curves that falls naturally, as if clouds are floating in the air. This ceiling hung structure was again in consultation with the master of the bamboo weaving on how to create the curves by making use of its natural elasticity and traditional connection method. Guests will feel like passing through an abstract bamboo forest before arriving at their rooms.
On the top floor Sky Café, a zen and church-like space were constructed by full height bamboo structure. Skylight above allows natural light fall in the middle of the seating area during daytime. Ceiling suspended circular LED lights formed endless glowing moons and provides guests a poetic experience during nighttime.
The bamboo and rattan applied in all guestroom headboards are in the same pattern as those in the lobby but with different widths and thickness. Floated by concealed lights, it aims to provide guests a peaceful environment and an elegant atmosphere.
We hope that this is not just another boutique hotel project, by adding the layer of traditional culture, this hotel space can provide a relaxing and comfortable journey in a more meaningful way. In celebration of the unique quality of bamboo, from the architectural to the interior level, we can continue to promote and allow business travellers to appreciate the beauty of traditional handicraft that we should have ignored. It can ultimately form aesthetic, functional, and cultural enhancement in our busy urban life. (Panorama Design Group

 

【MeeHotel】
Address: No. 1 Zizhu Seventh Road, Bamboo Forest, Futian District, Shenzhen, China
Open: Jan. 2020
Design: Panorama Design Group Horace Pan Wendy Lam Szeka Yung Candace Pun Ming Cai
Floor area: 6,200㎡
Photo: GD Media,POPO VISION

 

MeeHotel(觅居酒店)是中国深圳一家全新的城市度假酒店,旨在为商务旅客提供安心的住宿环境规划。
该空间的故事源于项目所在地的名称“竹子林”。 在大厅,竹子被选为主要材料,使空间的主墙具有精致的光影效果,以迎接客人。为了打造接待区和大堂休息区的特征,我们在整个墙壁上制作了传统竹编装饰,为此还进行了各种实验。斜屋顶和天然硅藻土饰面墙结合照明,为整个空间提供了简约的休闲体验。
在客房楼层,每两层楼设置一个挑空的庭院,并导入竹子装置,好像云朵在空中漂浮。天花板悬挂结构是在与竹编工匠的反复协商后,通过利用竹子的自然弹性和传统方法创建出曲线。让客人在到达客房之前,感觉像穿过一片抽象的竹林。
另外, 在所有房间中,以竹子及藤条打造的床头板会通过间接照明突出房间中的阴影, 营造出舒缓及优雅的氛围。
在顶层的空中咖啡厅中,用竹子结构建造了一个类似于禅宗或教堂的空间。顶部的天窗可使白天的自然光线照射到座位区的中央,而悬挂在天花板上的圆形LED灯则在夜晚形成无限发光的月亮,提供诗意的体验。
从建筑到室内装饰,这个利用竹子的独特品质打造出的空间, 引导人们去欣赏平常被忽略的传统手工艺之美。希望这家酒店能够在繁忙的城市生活中, 满足我们对美、功能和文化方面的需求。(Panorama Design Group

 

【MeeHotel 觅居酒店】
地址:No. 1 Zizhu Seventh Road, Bamboo Forest, Futian District, Shenzhen, 中国
开业:2020年1月
设计:Panorama Design Group Horace Pan Wendy Lam Szeka Yung Candace Pun Ming Cai
实用面积:6200㎡
摄影:GD Media,POPO VISION

Share

江戸行燈の新作照明

江戸時代に照明器具として普及した行燈。地域によってデザインが異なるが、中でも特徴的なのが、枠が細く洗練された江戸行燈。その江戸行燈の、“細い枠”と、“すっきりと洗練されたデザイン”を今に伝える「都行燈」(東京・東日暮里)から新作が発表された。光の表情を楽しむペンダントライト2点と、ほのかな灯りをともす露地行燈3種6品。同社は140年の歴史をもつ木工芸の技と、理想の光をつくる知識のもと、江戸の光を現代の東京へ伝え続けている。

都行燈
https://www.miyako-andon.com/

▼一つの照明器具で、2種類の光を楽しめるペンダント。

38,000円(税別)

 

 

 

 

 

 

48,000円(税別)

 

▼極細のステンレスフレームが特徴の屋外用露地行燈。シンプルなフォルムが、さまざまな空間での利用を可能に。

左)88,000円(税別)、右)特注品・ステンレス生地仕上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左)85,000円(税別)、右)78,000円(税別)

 

 

 

 

 

左)158,000円(税別)、中)78,000円(税別)、右)85,000円(税別)

Share

無印良品が中国でリフォームビジネスをスタート


無印良品が、中国・青島市内の店舗でリフォームビジネス「MUJI INFILL」を開始した。
「本当に必要なものだけに囲まれたミニマムで心地よい生活」の考え方のもと、住む人のライフスタイルや環境に合った家具のバリエーションと、それらにフィットする多様な収納シリーズを中心に、無印良品のアイテムラインナップで室内空間を構成していく。
住む人の要望を聞きながら、採寸からスタート。床・壁・天井の施工、キッチン・寝室などの生活シーンごとの基本デザインの元から空間の設計、実際のリフォーム施工の着地までをトータルでプロデュース。中でも特徴的なのは、無印良品の収納アイテムバリエーションを最大限に活用し、壁面家具にぴったり収めていく各収納用品。精度の高い設計と、ユニット式による正確で整然とした空間へのリフォームを通して、物理的な空間整理と同時に、室内が整頓されることによる心地よいライフスタイルの実現をめざすという。

 

MUJI INFILL 青島店
所在地:山東省青島市市南区香港中路 31号 青島銀座商城 L2

Share

大手町の複合開発内商業施設「Otemachi One Avenue」5月グランドオープン

東京・大手町で進行中の大規模複合開発「Otemachi One」。その中心となる商業施設「Otemachi One Avenue」が2020年5月にグランドオープンを迎える。「Otemachi One」は、三井物産と三井不動産が進めている大規模開発で、地下鉄コンコースと直結。オフィス、ホール、カンファレンス、商業施設、ホテル、大規模緑地広場などで構成される。
地下2階〜1階には、5月に開業する「Otemachi One Avenue」を中心に、飲食店をはじめ、ランニングステーションやクリニックモールなど、約30店舗が出店。三井物産の本社が移転予定のオフィスエリアは、地域冷暖房施設の更新によるBCP機能強化や、制震構造の採用、非常用発電機の導入、帰宅困難者受入機能の強化など、“安心・安全”を提供する。
なお、5月中旬には、国際会議から音楽ライブまで対応する「大手町三井ホール」、7月にはデニストン・インターナショナル・アーキテクト・アンド・プランナーズ社がインテリアデザインを担当した「フォーシーズンズホテル東京大手町」、22年末には6000㎡を誇る緑地空間「Otemachi One Garden」がそれぞれオープンを予定している。

「Otemachi One」
所在地:東京都千代田区大手町1-2-1
開業予定:「Otemachi One Avenue」/2020年5月12日(火)、
「フォーシーズンズホテル東京大手町」/2020年7月1日(水)
敷地面積:約2万900㎡
延床面積:約35万7700㎡
階数:三井物産ビル/地下5階地上31階建て、Otemachi One タワー/地下5階地上40階建て
設計・監理:日建設計・鹿島建設設計共同企業体
施工:鹿島建設
デザインアーキテクト:Skidmore,Owings & Merrill LLP

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share