作成者別アーカイブ: bambo

什器製作の専門サイト「什器デザイン.com」がオープン!

展示ディスプレイの設計から施工までをワンストップサービスとして提供する株式会社ワークスタジオが、什器デザインに特化したWEBサイト「什器デザイン.com」をオープンした。特注什器・オーダー什器・オリジナル什器の制作を「コンサルティング什器デザイン」と銘打ち、同社のエキスパートデザインチームがマーケティングやVMDの理論を採り入れたデザインを行う。WEBの専用フォームから什器デザインの依頼が可能。

 

什器デザイン.com

HAMACHO HOTEL&APARTMENTS

1

2

3

5

6

7

8

9

10

11

12

HAMACHO HOTEL&APARTMENTSは安田不動産が取り組む『日本橋浜町 街づくり』の中核となる施設である。街づくりコンセプトは“「手しごと」と「緑」のみえる街”。地域住民やワーカー同士の交流拠点となり、国内外から多くのゲストを迎えることで新しい文化やコミュニティを創出する場として計画された。そのため共用部は全ての壁を取り払い、シームレスで一体的に繋がる空間とし、建物を貫通するセンターアレイから各ホテルファシリティにアクセスできるように動線計画した。また「手しごと」と「緑」は、外観及びインテリアデザインを検討する上で重要な軸となり、今回は建築からインテリアに流れるプロセスを反対から遡り、インテリアから建築あるいは街並みの景観をつくるプロセスを試みている。結果的に「手しごと」=ひと手間かける内装材料とディテールの選択が表情豊かな本実型枠コンクリートの外観へと繋がり、「緑」=インテリアとしてのランドスケープが立体的な街並みのランドスケープを生むことに繋がっている。客室は、15㎡の居心地の良さを追求して排水計画から見直し、かつ緑のあるテラスを設置することで1クラス上の空間と1サイズ上のベッドを実現した。デザインは全てにおいて日本の作法や様式からインスピレーションを得て、低い座のソファ・小上がり・床下がりなどの日本独特の動作をつくり、それを格子・掛け軸ミラー・長押ハンガーなどの日本のDNAとあわせてコンテンポラリーに表現した。(寶田 陵/the range design + 小林綾子/UDS

 

「HAMACHO HOTEL&APARTMENTS」
所在地:東京都中央区日本橋浜町3-20-2
オープン:2019年2月15日
企画・インテリアデザイン(ホテル)・建築デザイン監修:UDS the range design
プレミアムテラスルーム、ダイニングデザイン:乃村工藝社 A.N.D.
デザイン・クリエイティブディレクション(TOKYO CRAFT ROOM):TERUHIRO YANAGIHARA STUDIO
設計・監理:松田平田設計
床面積(ホテル):4,338.73㎡
客室数:170室
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

HAMACHO HOTEL&APARTMENTS is the core facility of the Nihonbashi Hamacho development project undertaken by Yasuda Real Estate, whose concept of “handmade” is expressed by creating a neighborhood where handcrafts and greenery are made visible. The facility was designed to be a space that serves as an intersection for residents and workers alike, while also welcoming many guests from inside and outside Japan to create new community and culture. To this end, we removed all of the walls from the shared areas, making it a seamless and united space. We planned for flow of people so that users could access each hotel facility from the center array, which runs through the building. The elements of handcraft and greenery form important guides for determining the exterior and interior design. They also were extended through to the careful choice of interior materials and details, the rich expression of concrete exterior walls stamped with wood texture, the interior designed as a landscape and the dimensional landscape of the neighborhood itself. Each of the hotel rooms needed to be made comfortable at the size of 15m2, so we reviewed the drainage plan and placed a terrace with greenery. This allowed for a more relaxing space with a larger sized bed. The design was completely inspired by Japanese manners and styles, including low sofas, raised tatami areas, lowered floors, which all create movements unique to Japan. We combined all of these with elements of Japanese architectural DNA such as latticework, hanging scroll mirrors, “nageshi” non-penetrating tie beams and portrayed it in a contemporary style. (Ryo Takarada / the range design + Ayako Kobayashi / UDS)

 

【HAMACHO HOTEL&APARTMENTS】
Address: 3-20-2, Hamacho, Nihonbashi, Chuo-ku, Tokyo
Open: Feb. 15th, 2019
Planning, Interior design(hotel), Architectural design supervision: UDS the range design
Premium terrace room design: NOMURA  A.N.D.
Design Creative Direction (TOKYO CRAFT ROOM): TERUHIRO YANAGIHARA STUDIO
Design and supervision: MHS Planners, Architects & Engineers
Floor area(hotel):4,338.73㎡
Capacity: 170 rooms
Photo:Nacasa & Partners

 

“HAMACHO HOTEL&APARTMENTS”是安田不动产致力于日本桥浜町城市发展项目中的核心设施。城市发展的概念是打造一个可以看见“手作产业”和“绿色”的城市。该设施被规划为当地居民和劳働者之间的交流场所,并通过欢迎来自国内外的许多客人来创造新的文化和社群。基于这个原因,我们撤掉了公共区域所有墙壁,使其成为一个无缝和集成的空间,并规划动线使人们可以通过穿越建筑物的中心阵列去造访每个酒店设施。另外,由于“手作产业”和“绿色”是我们在考虑外观和室内设计时的一个重要轴心概念,需要更多时间来选择装修材料和细节,例如富有表现力带有模板纹路的混凝土外观,以及试图让室内的景观与立体的城市景观之间的相互连结。在客房方面,为了追求15平米空间里的舒适感,从排水计划开始进行检讨审查,并且通过设置绿化的露台,实现了使客房上升一个级别的宽敞空间,床铺也加大了一个尺寸。所有的设计灵感都来自于日本的作法和风格,我们制作了低座椅沙发、架高地板、下沉地板等来反应日本独特的动作需求,再结合格子窗、吊轴镜和长条壁挂衣架等富有日本DNA的传统元素来表现当代的风格。 (寶田陵/the range design + 小林绫子/UDS

 

【HAMACHO HOTEL&APARTMENTS】
地址:东京都中央区日本桥浜町3-20-2
开业:2019年2月15日
企划・室内设计(酒店)・建筑设计监修:UDS the range design
豪华露台客房设计:乃村工藝社 A.N.D.
设计・创意总监(TOKYO CRAFT ROOM):TERUHIRO YANAGIHARA STUDIO
设计・监理:松田平田设计
实用面积(酒店):4,338.73平米
客房数:170室
摄影:Nacasa & Partners

鉄板焼 向日葵

h1

h2

h3

h4

カウンターメインの鉄板焼屋の計画である。このお店にオーナーは当初より「向日葵」と命名されていた。私たちはこの店名からイメージを膨らませていった。
計画場所は種々様々なネオンで彩られた繁華街に位置し、各々のお店が華やかさを持って密集している。この場所で私たちは色彩溢れる街の中にありながら色や光による表層的な華やかさではない提案をしたいと考えた。向日葵というと青い空の下、沢山の黄色い大輪を咲かせているのをイメージするが、私たちが行き着いたのは夜の街にふさわしい「月夜に凛と咲く一輪の向日葵」である。鉄・木材・ガラス・石をすべて漆黒の素材で空間を構成し、素材の質感やイメージする温かみや冷たさなど、素材本来が持つポテンシャルを引き出し、それらが調和して華やかさを放つ空間を目指した。
色や電飾で厚化粧された華やかさとは一線を引く空間の中、鉄板の上には上質な食材が手際よく調理されていく。素材の力強い質感と繊細な陰影の世界。鉄板から放たれる炎と音と香り。漆黒の空間に身を包まれ、各々様々な想いをはせる豊かな時間が流れる場所ができたのではないかと思う。(PROCESS5 DESIGN

 

「鉄板焼 向日葵」
所在地:大阪府大阪市北区曾根崎新地1-5-4 岩伸スプレッドビル3-D
オープン:2017年7月
設計:PROCESS5 DESIGN
床面積:24.98㎡
Photo:YFT 山田圭司郎

 

This is a plan for a counter-style teppanyaki restaurant. The store was originally given the name “Himawari” (sunflower in Japanese) by its owner. Using this name, we created an image of the store.
The planned location was positioned alongside other flashy stores on a bustling city street lit up by various types of neon lights. We thought that we would utilize the vividness of the streets to propose a design that incorporated a superficial illumination using various lights and colors.
When you think of sunflowers, you probably have an image of many large yellow flower blooming under a blue sky, but what we had in mind was “a single sunflower beautifully blooming under a moonlit night,” which was suitable with the streets of the area during the night.
Iron, wood, glass, stone. Constructing a space using all jet-black materials, we aimed to draw out the potential of each of the materials, such as the texture and the warm or cool images that each of the materials could bring to the space and harmonize them to create a glamorous space.
While the space distinguishes itself from the glamorous side made up of colors and decorative illumination, the high quality ingredients are perfectly prepared on top of the iron plate.
It’s a world that combines the powerful textures of the materials and delicate shades.
The glowing flames and sounds and scents emitted from the iron plate.
Surrounded by the jet-black space, we believe that we have created a restaurant where visitors can spend time and enjoy thinking about various memories.(PROCESS5 DESIGN

 

【Teppanyaki Himawari】
Address: Osaka-city, Osaka, JAPAN
Open: July, 2017
Design: PROCESS5 DESIGN
Floor area: 24.98㎡
Photo: YFT Keishiro Yamada

 

这是一个以吧台为主铁板烧餐厅的设计。该餐厅最初由店主命名为“向日葵”。我们借由此名称发想出餐厅的初步轮廓。
餐厅的地点位于商店密集的繁华街道上,有着各种类型的霓虹灯。我们探索着在这条多姿多彩的街道上,该如何打造一种既能融入环境却又有别于一般单靠颜色或灯光来表现华丽气氛的设计。一般人们提到向日葵时,通常会联想到蓝天下绽放的黄色花朵的画面,但我们想到的是“一朵在月光下美丽地绽放的向日葵”,这个主题很适合这条街道夜晚的氛围。我们选用黑铁、黑色木头、黑色玻璃、黑色石材等所有黑色的材料来构建空间,利用材料本身的质感及所能带给空间冷暖温度,进而引发出每种材料的潜在特质,旨在创造一个具有良好协调性又华丽迷人的空间。
与一般用颜色或装饰照明来呈现华丽的方式划分区别,餐厅在铁板上以完美的技巧烹调高品质的食材;材料的强烈质感和纤细阴影的世界;从铁板发出的炽热的火焰、声音和香气。
我们自认为创建了一个被黑色空间所环绕,能够引发客人无限的想像并且享受时光的空间。(PROCESS5 DESIGN

 

【铁板烧餐厅 向日葵】
地址:大阪府大阪市北区曾根崎新地1-5-4 岩伸SPREAD BUILD 3-D
开业:2017年7月
室内设计:PROCESS5 DESIGN
实用面积:24.98㎡
摄影:YFT 山田圭司郎

ISHIGAKI BOLD KITCHEN

1

2

3

4

5

6

7

フサキビーチリゾート内に位置する「ISHIGAKI BOLD KITCHEN」は、世界中の“美味しい”と“楽しい“を見つけられるインターナショナルスタイルのオールデイダイニングである。トータル350坪の店内は、ダイニングエリアとラウンジエリアの大きく2つの構成に分けている。メインのダイニングエリアでは、各セクションでのライブパフォーマンスをより間近で楽しめるよう、ショウキッチンに囲まれるように家具を配置し、昼夜問わず活気溢れる演出ができるレイアウト計画とした。ショウキッチンの上部や窓面には、石垣島のミンサー織をモチーフにした“フィーチャースクリーン”が不規則な角度で配置され、デザインのインパクトだけではなく、リゾートならではの気持ちの良い解放感と圧倒的なスケール感を空間全体にもたらす。(藤本泰士/DESIGN STUDIO CROW

 

「ISHIGAKI BOLD KITCHEN」
所在地:沖縄県石垣市新川1625
オープン:2018年12月28日
設計:DESIGN STUDIO CROW 藤本泰士 亀田幸希
床面積:1,105㎡
客席数:272席
Photo:長谷川健太

 

Ishigaki Bold Kitchen, located in Fusaki Beach Resort, is an international-style restaurant serving a full range of breakfast, lunch and dinner options. Here, one can discover delicious and exciting flavors from around the world. The 350 tsubo (1 tsubo = roughly 3.3 m2) interior is divided largely into two areas, the dining area and the lounge area. In the main dining area, furniture has been arranged to surround the show kitchen so that diners can enjoy viewing the live performance of each section of the kitchen from close by. The layout also enables kitchen staff to perform energetically night and day. Wooden feature screens inspired by Minsah weaving, native to Ishigakijima Island, are placed at random angles above the show kitchen and over windows. Not only do the screens impress the viewer with their design, but they also convey a sense of freedom only felt at resorts and an overpowering sense of scale. (Taiji Fujimoto / DESIGN STUDIO CROW)

 

【ISHIGAKI BOLD KITCHEN】
Location:1625 Arakawa, Ishigaki-shi, Okinawa
Open:Dec. 28th, 2018
Designer:DESIGN STUDIO CROW Taiji Fujimoto Koki Kameda
Floor area:1,105㎡
Capacity:272 seats
Photo:Kenta Hasegawa

 

位于FUSAKI海滩度假村的「 ISHIGAKI BOLD KITCHEN」,是一间可以在此寻觅世界中的”美味”与”舒适”兼得的国际化全日餐厅。 店内总面积350坪,主要分为大厅主餐区与休闲观景餐区两部分。主餐区为了更加近距离感受各种现场烹饪的乐趣,围绕开放式展示厨房配备了相应家具,计划此处为无论昼夜时刻洋溢着活力的布局。展示厨房的上端与窗面等,均配备刻有石垣岛传统木棉织品图案的特色屏风”FEATURE SCREEN”,以不规则的角度组合罗列。不仅仅只为设计的冲击,也是对度假村的理想氛围是以很好的诠释,以及对整体空间营造出压倒性的规模。(藤本泰士/DESIGN STUDIO CROW

 

【ISHIGAKI BOLD KITCHEN】
地址:冲绳县石垣市新川1625
开业:2018年12月28日
室内设计:DESIGN STUDIO CROW 藤本泰士 龟田幸希
实用面积:1105平米
席位数:272席
摄影:长谷川健太

ReXeR LIFeSTYLe & FITNeSS

01

02

04

05

06

07

08

09

10

大阪に続き2店舗目となる「ReXeR」の南青山店。3rd Sporty Placeをコンセプトに掲げ、朝出勤前にトレーニングをしてコーヒーを飲んで出社。昼仕事の合間にリフレッシュをしにトレーニングをして、午後の仕事に臨む。夜、ディナーの前にシャワーを浴びて、美を整える。生活の中に溶け込むように当たり前にジムを利用して欲しいというコンセプトである。青山という立地を踏まえて、定員を絞り、従来のジムの概念を覆す最高の空間とおもてなし、最上級のサービスを提供する会員制ラウンジのような設えを施した。
その他、コーヒーや美容機器にも高品質なものを揃えている。デザイン面では、ビル丸一棟の強みを生かし、各フロアに多彩なアートを施した。階段の踊り場には、毎日見ても飽きないトレーニングをする人を模した半立体アートや、トレーニングと美をイメージした壁画に数種のアクリルを設置し、見る角度によって見え方が変化するアート。1階ラウンジには、超大型モニターを設置し、自然や癒しを感じる動画アートを設置した。外装デザインには、ReXeRの「R-E-X」をグラフィック化したシャンパンゴールド色のスチール材をパネル化し、間接照明によってビル全体を光らせている。この外装が高級なReXeRのブランディングに一役買っていると言っても過言ではない。内装デザインは素材感を重視し、御影石、ウオールナット材を中心に本物をシンプルに感じてもらえるラグジュアリー空間とした。「忙しいから美しい」。まさに仕事とジムの共存であり、誰もが憧れるライフスタイルがここにあるのではないだろうか。(松村憲佑/コクーンデザイン

 

ReXeR LIFeSTYLe & FITNeSS
所在地:東京都港区南青山2-14-14
オープン:2018年11月12日
設計:コクーンデザイン 松村憲佑 竹添俊平
床面積:736.36㎡
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

At ReXeR’s second location in Minami Aoyama, built after the Osaka location based on the concept of “3rd Sporty Place,” users can work out and have a coffee before heading in to the office in the morning. Or they could work out between tasks in the afternoon to reenergize themselves and then return to work. In the evening, they can hop in the shower before dinner and spruce themselves up. The concept is to have users take advantage of this gym as natural part of their lives. In light of the gym’s location, maximum number of members was limited and the facilities were created to be a member’s only lounge with the highest level of service, disrupting the concept of the typical gym with its spectacular interior and hospitality. It also offers other high quality services such as coffee and beauty equipment. In terms of design, we took advantage of having the entire building by displaying a wide variety of art on each floor. On the landing of each staircase, we used semi-three-dimensional art of people exercising, which will delight even if seen daily. We place several kinds of acryl over the wall art depicting training and beauty so that it appears different when viewed from different angles. In the first floor lounge, we set a super large monitor that plays natural and relaxing video art. The exterior design is characterized by the steel panels in japan gold color with the “REX” letters from ReXeR included as graphics and indirect lighting that makes the entire building glitter. It’s no exaggeration to say that this exterior design is contributing greatly to the luxury branding of ReXeR. In terms of interior design, we paid close attention to the feeling of the materials, creating a luxurious space that gives a feeling of genuineness and simplicity with materials like granite and walnut wood. “Beautiful because busy.” We believe that this space is a codependence of work and gym – a place that creates a lifestyle that anyone would want. (Kensuke Matsumura / COCOON DESIGN)

 

ReXeR LIFeSTYLe & FITNeSS
Address: 2-14-14, Minami Aoyama, Minato-ku, Tokyo
Open: Nov. 12th, 2018
Design: COCOON DESIGN Kensuke Matsumura Shunpei Takezoe
Floor area: 736.36㎡
Photo: Nacasa & Partners

 

健身房“ReXeR”南青山店,是该品牌继大坂之后的第二家店。凭借“3rd Sporty Place“的概念,让人们在早上上班前做些锻炼,喝杯咖啡,然后去上班。中午之际来一场锻炼,让下午的工作恢复活力。夜晚,在晚饭前先洗澡,重新整理好自己的仪容。这是一个希望人们灵活的使用健身房与生活融为一体的概念。选择青山做为据点,我们限制人数,颠覆传统健身房的模式, 提供最棒的空间和服务,打造一个提供最高等级服务的会员制贵宾休息室这样的空间。此外,我们还提供高品质的咖啡和美容设备。在设计方面,我们利用整栋建筑的优势,在每个楼层装置了各种艺术品。在楼梯入口的平台处,我们设置了一个模拟锻练中的人物半立体艺术品,即使每天看也不会感到厌倦,还有以锻练和美丽为主题的壁画上设置了多种类型的亚克力艺术品,将会根据视角的不同而改变所见到的内容。在1楼休息区,安装了超大型的屏幕,播放令人感到自然及疗愈的动画艺术。对于外观设计,我们将ReXeR的“R-E-X”以香槟金色的铁板制成图像,以间接照明的手法照亮整个建筑。毫不夸张地说,这种外观设计在ReXeR高端品牌定位中发挥了功效。室内设计强调质感,以花岗岩及核桃木为主,可以感受到纯粹又真实的奢华空间。“因为忙碌所以美丽”。这个工作和健身房共存,是让每个人都羡慕的生活方式不是吗。 (松村宪佑/COCOON DESIGN

 

健身房ReXeR LIFeSTYLe & FITNeSS
地址:东京都南青山2-14-14
开业:2018年11月12日
室内设计:COCOON DESIGN 松村宪佑 竹添俊平
实用面积:736.36平米
摄影:Nacasa & Partners

SPA&HOTEL水春 松井山手

01

02

03

05

06

07

08

クライアントの「ビーバーレコード」は、これまで多くの温浴施設を展開しています。今回の 「SPA&HOTEL水春 松井山手」は、主要事業である温浴機能に、スパやフィットネス、レストラン、ホテル事業を加えた初の複合施設として計画されました。私たちは、デザイン監修として計画に参画し、従来の温浴施設の主目的である癒しを楽しむ施設から、日常の暮らしを拡張してくれる居場所となるデザインを展開しています。例えば、施設の中心となるロビーは、仕事をしたり、話をしたり、お茶を飲んだり、様々な楽しみ方ができるような空間となっています。また、施設の象徴となるように、大きな水盤越しに庭を眺められる空間をつくりました。昔の銭湯にある富士山を眺めるように、いろんな世代の利用者が共有できる風景とnある空間を目指しています。(山﨑健太郎

 

SPA&HOTEL水春 松井山手
所在地:京都府京田辺市山手中央5-1
オープン:2018年12月7日
デザイン監修:山﨑健太郎デザインワークショップ
建築設計:プレイス総合計画
床面積:8,900㎡
客室数:88室
Photo:千葉正人

 

Our client, Beaver Record has launched many hot spring facilities before this project. In this project, we designed SPA&HOTEL SUISHUN MATSUIYAMATE to be a composite commercial facility with a main function of hot spring and subfunctions of spa, gym, restaurant, and hotel. We directed design in this project to create a place that expands the boundaries of everyday life, as opposed to the usual main purpose of hot springs, relaxation. For example, the lobby, located at the center of the facility, is a space where people can work, chat, have tea, or enjoy in many other ways. The facility is represented by a space where one can gaze upon the garden over a large pool of water, just as one can gaze at Mt. Fuji painted on the walls of a Japanese public bath. The view is designed to be shared by users of all generations, just as a Mt. Fuji in the public bath is shared. (Kentaro Yamazaki)

 

SPA&HOTEL SUISHUN MATSUIYAMATE
Address: 5-1, Yamate Chuo, Kyotanabe-shi, Kyoto
Open: Dec. 7th, 2018
Design supervision: YAMAZAKI KENTARO DESIGN WORKSHOP
Architectural design: Place Total Planning
Floor area: 8,900㎡
Capacity: 88 rooms
Photo:Masato Chiba

 

“Beaver Record“ 是这次业主,已开过了许多热水浴设施。他们规划这项目“SPA&HOTEL水春 松井山手”作为第一家综合设施——除了主要事业的热水浴室以外也有SPA、健美房、餐饮、酒店。我们以设计监修参与了计划,要打造一些舒畅的空间,不只是原来热水浴室具有的治疗功能,而仿佛日常生活似的。比如位于中心的大厅,客人能在那里工作、聊天、喝茶,有着各种欣赏的方式。为了作为整个设施的象征,我们打造隔着巨型水盘眺望庭园的空间。我们的目标是具有各个年代人都能分享的风景,像于以前公共浴池的富士山画。(山崎健太郎

 

SPA&HOTEL水春 松井山手
地址:京都府京田边市山手中央5-1
开业:2018年12月7日
设计监修:YAMAZAKI KENTARO DESIGN WORKSHOP
建筑设计:Place Total Planning
实用面积:8900平米
客房数:88室
摄影:千叶正人

「森と、湖と、アンブレラと。」がメッツァビレッジで6月8日より開催

0514_kasafes_flyer_omote_ol 6月8日(土)から7月15日(月)まで、森の中に約1000本の傘と鮮やかな色柄の道が現れるデザインプロジェクト「森と、湖と、アンブレラと。」が埼玉県飯能市のメッツァビレッジで開催される。傘が頭上を埋め尽くすように設置される展示は、ポルトガルの小さな街アゲダで2012年に芸術祭の一環として始まった「アンブレラスカイ」と呼ばれるもので、雨の日や暑い日にも楽しんでもらいたいという願いが込められる。会場のデザインはマリメッコやユニクロなど、国内外の多くのブランドからテキスタイルを発表するテキスタイルデザイナーの鈴木マサル氏が担当。エントランスから約100mに渡り、鈴木氏のデザインによる「虹」をイメージした空間と色とりどりの傘が展示される。また、期間中は会場に同氏の傘コレクションのポップアップストアが登場するほか、6月30日(日)には、同氏が登壇するワークショップも開催される。

 

「森と、湖と、アンブレラと。」
会期:2019年6月8日(土)〜7月15日(月)
時間:10:00〜21:00(施設・イベント内容によって変更あり)
会場:メッツァビレッジ(埼玉県飯能市宮沢327‐6)
入場料:無料(ワークショップ参加は有料)
問い合わせ:0570-001-630

https://metsa-hanno.com/event/2330/

 

masaru_suzuki

6月21日開催【BAMBOO SALON vol.19】のご案内

スクリーンショット 2019-05-20 14.59.28

6月21日(金)に株式会社WAT代表取締役の石渡康嗣さんをお迎えして開催する【BAMBOO SALON vol.19】のご案内です。
今回のテーマは「必達立ち上げ人!」。
いま「飲食店立ち上げに力を貸してくれる人いませんか」と聞かれたら、真っ先に浮かぶのは石渡康嗣さんだ。飲食店プロデューサー、カフェ請負人、ブランディングアドバイザー、必殺立ち上げ人、、、石渡さんを紹介するときこうした肩書きを並べて、そういう方なんです、と伝えることにしている。そのほうが話が早いからだ。すべて石渡さんがこれまでにこなしてきた仕事でもある。「ブルーボトルコーヒー」「ダンデライオンチョコレート」「mitosaya 薬草園蒸留所」など、話題の店やブランド立ち上げにも多数携わってきた。 うちの会社にも「何かを始めたい」という企業から相談が来るが、その際担当者のやる気を見定めることにしている。石渡さんも同じ事を言う。「すべては現場の方たちの熱量に掛かっています」。現場に「熱量」がない事業がうまくいくはずがない。石渡さんはこの「熱量」をとても大事にしている。おそらくはその情熱をさらに引き出すスキルを石渡さんは持っているのだと思う。だから立ち上げ後の運営も請け負うことができる。 プロフェッショナルに仕事を頼む時、生半可な気持ちで打診しても引き受けてもらえない。だけど情熱さえあれば、誰かが手を差し伸べてくれる。それが石渡さんだ。 空間デザイナーとのコラボレーションも多い石渡さんに、いまの店づくりに必要なものとは何かを伺おうと思います。
今回も定員は40名、お申し込みは6月3日(月)12:00より開始いたします。
皆様のご参加をお待ちしております!


BAMBOO SALON vol.19
日時:2019年6月21日(金)18:30~20:00(受付:18:00~) ※懇親会20:00~21:00
会場:BAMBOO SHOWROOM/東京都港区西麻布3-1-25 金谷ホテルマンション301(オートロックのため1階インターホンで【301】をお呼び出しください)
テーマ:「必達立ち上げ人!」
定員:先着40名
参加費:2,000円(税込)
ゲスト:株式会社WAT代表取締役 石渡康嗣さん
モデレータ:笈川誠(BAMBOO MEDIA代表)
お申し込み方法: BAMBOO SALON お申し込みフォームより(6月3日(月)12:00~募集開始
https://www.bamboo-showroom.jp/#salon
■問い合わせ:株式会社バンブー・メディア/info@bamboo-salon.jp

 

========================================
石渡康嗣/YASUTSUGU ISHIWATARI
株式会社WAT 代表取締役1973年京都生まれ。三軒茶屋・蔵前などの〈Coffee Wrights〉、ひばりヶ丘団地の〈COMMA,COFFEE〉、大崎〈café & hall OURS〉など街に必要な場としてのカフェを開発・運営する。一方で〈ブルーボトルコーヒー〉や〈ダンデライオン・ チョコレート〉の日本展開や、千葉県大多喜町でフルーツやボタニカルからオードビーを製造する〈mitosaya薬草園蒸留所〉への参画など、クラフトな食のブランドにも携わる。

salon_ishiwatari

 

 

 

BAMBOO EXPO11まもなく開催!

スクリーンショット 2019-05-16 16.43.34

第11回目となるBAMBOO EXPOが、まもなく5月22日(水)~24日(金)の3日間、東京・海岸のTABLOIDにて開催されます。今回も「商環境」に関わる新しいプロダクトやサービスが目白押しです。また、初日と2日目の16:00から始まるParty Nightでは、5月に合わせた爽やかな和リキュール「muni(ミュニ)」の特別カクテルが登場!夕暮れに合わせてJAZZのLIVE演奏もご用意しておりますので、ドリンクを片手に「ヒト・モノ・コト」との多くの出会いをお楽しみください。 BAMBOO EXPOは、「商環境」に関わる人や企業が集まり、新しい製品やサービス、プロジェクトなどを発表・共有するサロンとして2011年にスタートしました。回を追うごとに、さまざまな「異種交配」による「化学反応」が誕生しています。皆様お誘いの上、ぜひご来場ください。


【BAMBOO EXPO 11】開催概要
■会期:2019 年5月22日(水)、23日(木)、24日(金)
■時間:11:00~21:00(最終日は18:00まで)
■会場:TABLOID(東京都港区海岸2-6-24
※ゆりかもめ「日の出」駅徒歩1分、JR山手線・京浜東北線「浜松町」駅徒歩13分
■入場料:無料
■出展企業:約50社
■主催:BAMBOO MEDIA Co.Ltd.
 http://sv5.mgzn.jp/sys/rd.php?m=ABELAKIgHGBMHB5IbUBoA

〈お問い合わせ〉
株式会社バンブー・メディア
TEL:03-6804-1491
MAIL:info@bamboo-expo.jp

CORALIA

c1

c2

c3

c4

c5

沖縄県那覇市で宝石サンゴを取り扱う企業のジュエリーショップ。日本の宝石サンゴは非常に希少価値の高いものだが、ダイヤモンドや真珠のように認知度が高くはない。今回の計画では、宝石サンゴをジュエリーとして世に広めていくきっかけをつくる役割を求められた。
コンセプトは「宝石サンゴをリブランディングするアクアリウム」。店内は宝石サンゴの価値を知ってもらうための学術的エリアと、実際にジュエリーを制作する工房を一つの空間に内包している。アクアリウムで様々な魚やその説明を目にするように、お客様が店内を回遊しながら次々に新しいジュエリーや宝石サンゴの情報に出会い、知らぬうちに宝石サンゴのことや新しくリブランディングされたジュエリーを身体が理解するような計画とした。また、深海にしか生息しない宝石サンゴのオマージュとして、FRPで制作した波をイメージしたドレープや、特殊なパターンでガラス面へ照射される水面のような光が、店外からのアイキャッチとして機能する。
coral(サンゴ)に固有性を表す修飾語iaを組み合わせた造語であるCORALIA(コーラリア)と名付けられた同店は、これまでデザインによってブランディングされていなかった宝石サンゴの、ジュエリーとしての価値を再発見させるショップとして新たなスタートを切っている。(PROCESS5 DESIGN

 

CORALIA
所在地:沖縄県那覇市西3-2-1 ロワジールホテル那覇1階
オープン:2017年7月
設計:PROCESS5 DESIGN
床面積:225.21㎡
Photo:YFT 山田圭司郎

 

“An aquarium that rebrands precious corals”. This is a project for a jewelry shop based in Naha, Okinawa Prefectures that handles precious corals.
Precious corals from Japan are extremely valuable because of their rarity.
However, their value is not widely recognized like diamonds or pearls, and for this project we were required to help spread the image of precious corals as jewelry throughout the world.
We proposed to incorporate the studios where the jewelry are produced and an academic area into a single shop in order to help others learn more about the value of precious corals.
Similarly to walking around an aquarium and seeing the various fish and reading about their background information, our plan was to enable customers to walk around the shop while they learn about new jewelry and precious corals and rebrand precious corals as jewelry.
As an homage to the precious corals that can only be found in deep seas, we plan to utilize drapes and lighting filtered through unique patterns to depict water surface patterns produced at FRP to attract attention from outside the store.
Introducing new innovative designs that were not seen before with precious coral jewelry, the store was named CORALIA by adding the words “coral” and “ia” as a modifier that represents uniqueness together, and is off to a fresh and exciting start.(PROCESS5 DESIGN

 

CORALIA
Address: Naha-city Okinawa JAPAN
Open: July, 2017
Design: PROCESS5 DESIGN
Floor area: 225.21㎡
Photo: YFT Keishiro Yamada

 

这是在冲绳县那霸市经营宝石珊瑚的公司所开设的珠宝店项目。日本的宝石珊瑚是非常稀有和珍贵的,但它们并不像钻石和珍珠般那样广为人知。因此在这个计划中,我们的任务是创造一个让宝石珊瑚作为珠宝向世界传播的机会。
设计概念是“重塑宝石珊瑚品牌定位的水族馆”。该店铺包含一个学术领域,用来了解宝石珊瑚的价值,以及一个实际制作珠宝的工作室。我们的计划是让人们像在水族馆中探索各种鱼类及其描述般,当客人在店铺里走动时,会发现各式新的珠宝和宝石珊瑚的信息,客人们在不知不觉中会对宝石珊瑚以及被重新塑造的新品牌珠宝产生了解。此外,为了向仅生活在深海中的宝石珊瑚致敬,我们用玻璃钢做成波浪造形的垂板,并且让光线照射到玻璃表面产生波光粼粼的氛围,用来吸引店铺外面的目光。
店名CORALIA的由来,是在coral(珊瑚)上加上特定的表现修饰语ia所创造出的新单词,我们要让从前尚未被塑造品牌定位的宝石珊瑚也能做为珠宝,让人们重新发现它的价值,借由这个店铺开创一个新的起点。(PROCESS5 DESIGN

 

CORALIA
地址:冲绳县那霸市西3-2-1 LOISIR HOTEL 那覇1F
开业:2017年7月
设计:PROCESS5 DESIGN
实用面积:225.21平米
摄影:YFT 山田圭司郎

東京會舘本舘 SWEETS&GIFTS

01

02

03

民衆のための社交場として大正時代に開業した「東京會舘本舘」。まもなく100周年を迎えようとしている今年、再開発により3代目として生まれ変わった。同館で長きにわたり培われてきた伝統の数々。スイーツもその一つであり、1階にあるペストリーショップ「SWEETS&GIFTS」のデザインを担当した。今回はブランドプロデュースに柴田陽子氏を迎え、新たなブランディングの模索を行っている。デザインコンセプトは「SWEET ELEGANT」。東京會舘を代表的するスイーツ「マロンシャンテリー」の美しいクリームのデコレーションを店舗ファサードに表現し、伝統の継承という強い志を伝えている。また、店内のピンクの大理石・ノルウェイジャンローズや天井の格子柄など、スイーツが持つ女性的な商品イメージやクオリティーの高さをビジュアル表現した。(メック・デザイン・インターナショナル

 

東京會舘本舘 SWEETS&GIFTS
所在地:東京都千代田区丸の内3-2-1
オープン:2019年1月8日
設計:メック・デザイン・インターナショナル 飯島雅朗 土井亜希子 中村美香
面積:53㎡
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

The main building of Tokyo Kaikan was opened in the Taiho Era as a social spot for the public. As it approaches its centennial anniversary, it has been redeveloped and reborn this year into its third generation. So many traditions have been passed on in this very building over the years – one of those being sweets. We handled the design of its pastry shop SWEETS & GIFTS on the first floor and welcomed Yoko Shibata as brand producer for this project. She explored new forms of branding. The project’s design concept is “SWEET ELEGANT.” We used the pattern from the cream decoration ornamented on Tokyo Kaikan’s famous sweet, the marron chantilly, on the store’s façade to convey the robust inheritance of tradition. Aspects of the interior design, such as the Norwegian Rose pink granite and the ceiling’s lattice pattern, express visually the feminine side of the products as well as their high quality. (MEC DESIGN INTERNATIONAL)

 

Tokyo Kaikan Honkan SWEETS&GIFTS
Address: 3-2-1, Marunouchi, Chiyoda-ku, Tokyo
Open: Jan. 8th, 2019
Design: MEC DESIGN INTERNATIONAL Masaro Iijima Akiko Doi Mika Nakamura
Floor area: 53㎡
Photo: Nacasa & Partners

 

东京會馆本馆是作为老百姓的社交沙龙开业的。今年快要迎来了100周庆,通过重新建设变成了“第三代”。在那里长年累月传过来了传统,其中一个是甜点。我们设计了在1楼的甜点店“SWEETS & GIFTS”。这次请柴田阳子女士担任来品牌编制,同时规划了改造品牌。
设计概念是“SWEET ELEGANT”。正面墙壁上,我们再现了代表东京會馆的甜点“MAROON(栗子)CHANTILLY(泡沫状的搅奶油)“的装饰,以便表现他们坚强的志愿:“继承下去自己的传统”。另外,为了展现出甜点具有的形象,女人味、高品质,采用了粉红大理石”挪威产玫瑰花“、天花板上的格子花纹。(MEC DESIGN INTERNATIONAL

 

东京會馆本馆 SWEETS & GIFTS
地址:东京都千代田区丸之内3-2-1
开业:2019年1月8日
室内设计:MEC DESIGN INTERNATIONAL 饭岛雅朗 土井亚希子 中村美香
面积:53平米
摄影:Nacasa & Partners

宮崎椅子製作所がICFF2019@NYに出展

UNI-Master

無垢の木を使った椅子作りを専門とする宮崎椅子製作所が、5月19日から22日までニューヨークで開催される国際現代家具見本市(ICFF)2019に出展する。
宮崎椅子製作所は1969年設立。2000年から工場技術者と国内外のデザイナーとの協働でオリジナルデザインの製品開発をスタート。2012年以降はミラノサローネに毎年出展し、これまで14名のデザイナーと110脚の椅子、スツール、ソファを製品化してきた。今回は代表製品20脚を擁し、初めてのICFF出展となる。

会期:5月19日(日)〜22日(水)
会場:ICFF 2019 ブースNo.357(Jacob K.Javits Convention Center/655 West 34th Street, NY)
問い合わせ先:宮崎椅子製作所/http://www.miyazakiisu.co.jp