News

2020年3月「KYOTO Shaping the Future」開催


【3/27~29のイベントは中止になりました】

京都工芸繊維大学 KYOTO Design Labは、2020年より隔年開催のビエンナーレ「KYOTO Shaping the Future」を開催する。初回となる今年は、3月27日(金)~29日(日)の期間「食がつくる都市」をテーマに展示を実施。展覧会ではまず京都の食をめぐる循環構造を歴史的な視点からリサーチし、これを最先端テクノロジーと掛け合わせることで、「食」から派生する新たな未来都市の可能性を描く。さまざまなコラボレーターとともに、京都ビエンナーレ「KYOTO Shaping the Future」を通し、一歩引いた視点から京都を俯瞰し、社会のリデザインを提案、新たな都市の未来像を提示する。3月の本展に先立ち、2月9日(日)まで、KYOTO Design Lab 東京ギャラリーにて、展覧会の概要「Preview Exhibition: KYOTO Shaping the Future」が開催されている。

KYOTO Shaping the Future第1回テーマ 「食がつくる都市」

都市模型プロジェクションマッピング
模型(直径15mほど)を会場中心に配置し、そこに1000年以上にわたる都市空間の変化や食と都市の関係を表す映像を投影。都市の変化や日々の動きを体感できる。

 

 

京都を形づくる食(Food Shaping Kyoto)

コラボレーター:シャディ・ラーバラン&マニュエル・ヘルツ
京都における「都市」と「食」のダイナミックな関係を、6つのキーワード〈生産、水、市場、流通、都市形態学、祇園祭〉で読み解き、建築や料理の模型、錦市場で使用されている道具、リサーチの成果をあらわした図・写真・映像などにより可視化する展示。2019年6月、ドイツのヴィトラ・デザイン・ミュージアムとの共催で、同館にてFood Shaping Kyoto展が開催された。

絹の未来

京都の織物技術を支えてきた素材である絹をゲルやスポンジ状につくり替える先端技術と、デジタル工作機械を用いたデザイン手法を組み合わせることで、絹のみで加工・製造された環境負荷が低く、かつ多様なニーズに応えることができる衣服のデザインプロセスを、素材実験の成果とともに展示。

Food Shaping the Future

コラボレーター:大阪ガス株式会社 エネルギー技術研究所
さまざまな環境の変化がもたらす新たな「食」のニーズ調査のもと、近未来の食文化を構想し、それを可能にする技術とサービスを開発。開発したシナリオやプロトタイプの映像や実物を展示。

点群庭園

コラボレーター:スイス連邦工科大学チューリッヒ校 クリストフ・ジロー研究室
食という行為はただ食物を身体に取り込むだけのものではなく、建築や庭といった環境との応答でもある。山裾にひろがる詩仙堂の庭、現代建築の庭園(虎屋菓寮 京都一条店)、京町家の坪庭(一般民家)の大中小3つの庭を3Dスキャンして制作した映像を壁面プロジェクションにて展示。

 

京都ビエンナーレ 国際都市デザイン展 2020 KYOTO Shaping the Future──食がつくる都市
会期:2020年3月27日(金)~3月29日(日)
時間:10:00~19:00(27日のみ13:00開場)
会場:京都市勧業館みやこめっせ 第3展示場B(京都府京都市左京区岡崎成勝寺町9-1)
主催:京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab
共催:KYOTO STEAM-世界文化交流祭-実行委員会
後援:在日スイス大使館
コラボレーター:シャディ・ラーバラン&マニュエル・ヘルツ、大阪ガス株式会社 エネルギー技術研究所、スイス連邦工科大学チューリッヒ校 クリストフ・ジロー研究室
コンテンツ制作:岡田栄造+岩本馨+水野大二郎+木下昌大+三宅拓也[京都工芸繊維大学]
会場構成:武井誠+満田衛資[京都工芸繊維大学]
アートディレクション:西村祐一+綱島卓也[Rimishuna]

https://www.k-s-t-f.com

Preview Exhibition: KYOTO Shaping the Future(プレイベント)
会期:2020年1月18日(土)~2月9日(日)
時間:12:00~19:00(閉廊:月・火)
会場:KYOTO Design Lab 東京ギャラリー(東京都千代田区外神田6丁目11-14 アーツ千代田3331 203号室)
問い合わせ:京都工芸繊維大学/075-724-7283

Share