LARA香林坊109店

狭い間口のすぐ先で折れ曲がり、その奥が深い、物販店としては非常に使いづらいL型の店舗区画。当然ながら、どのように人を奥まで引き込むかという明確な課題が設定された。 間口正面の比較的大きな壁を6枚の編目の異なるエキスパンドメタルと一番背面のミラー、計7レイヤーによって構成し、その内手前3枚が店舗奥から順にめくれあがるように弧を描いてエントランスからの動線を迎え入れる。 重なり合うことで複雑な模様を描いていたエキスパンドメタルは、1枚になると急に存在感を弱め、店内の視線を遮ることなく、人々を奥へと誘導するガイドラインとなる。また手前がめくれるにつれて重なりが減っていく正面の壁も、その模様と厚みを変化させることで、均質な空間の中にささやかな場所の違いを生み出している。(大野 力/sinato

 

 

  • LARA香林坊109店」
  • ■所在地:石川県金沢市香林坊2-1-1 KOHRINBO 109
  • ■竣工:20109
  • ■設計:sinato 大野 力
  • ■床面積:77.32
  • ■撮影:太田拓実

 

 

 

 

 

Share