News

飲食店向け「新型コロナウィルス感染症対策サポート事業」

国内外で店舗設計を手掛けるengine(東京・世田谷/代表 轟貴弘氏)が、サインや感染対策アイテムを扱うエフ広芸(埼玉・越谷/代表 布川勝己氏)と共同で、飲食店向けの「新型コロナウィルス感染防止対策サポート事業」をスタート。空間デザインや機能の質を落とすことなく、収容客数維持や低コストでの営業継続を実現するため、業態や各店舗レイアウトに合わせた感染防止対策を提案。オリジナルの透明アクリルパーティションをはじめ、フェイスマスクやフェイスシールド、次亜塩素酸水デフューザー等を組み合わせ、顧客とスタッフ双方の感染リスクを軽減し、三密を避けながら、顧客同士がコミュニケーション可能な空間を実現していくという。

株式会社engine
https://engine-inc.jp

株式会社エフ広芸
http://www.fcraft.com

Share