きっしゃん 永楽町 松

日本を代表する高級歓楽街、大阪・北新地に新たに誕生した焼肉割烹「きっしゃん 永楽町 松」。1998年に完成した既存建物は、江戸時代中期の北新地の町並みを現代風にデザインしたもので、日本髪用の櫛を表現したステンレス製の庇が特徴的である。このプロジェクトを進めるにあたり、まずはこの既存外観を引き継ぐことを前提に、日本の伝統とコンテンポラリーな価値観の融合を目指した。外壁は、和紙を染めるかのように塗料を重ねながらぼかし、新たに作り上げた苔庭と併せて「原風景」を表現した。扉を開けると、銀色の壁紙とヒノキの桟で囲われたアプローチが心地良くリズムを刻み、緊張感を解きほぐしながら期待感を膨らませていく。また、桟で縦のラインを強調することにより、天井の低さを感じさせない効果も狙った。カウンターエリアは、日本の伝統芸能である「能」舞台を表現。本来の舞台なら絵で表現される松は、錫を使用したレリーフで新たな価値を創造し、アイキャッチとした。4つの個室は、すべてのシーンを楽しんでいただけるよう、春・夏・秋・冬とシーン分けをした。ここでの桟は、引き違い戸の引手の役割を担う。歴史ある周辺環境や既存建物と調和する新たなランドマークとして、ドラマティックな空間となった。(吉本 宗/VOIGER

 

「きっしゃん 永楽町 松」
所在地:大阪市北区曽根崎新地1-7-19
オープン:2020年6月1日
設計:VOIGER 吉本 宗
床面積:83.0㎡
客席数:28席
Photo:下村康典

【内外装仕様データ】
床:タイル貼り(MD-0468/アドヴァン)
壁:PB下地不燃クロス貼り
天井:PB下地EP
カウンター天板:石貼り(AG-814/アドヴァン)

Share