News

「msb Tamachi 田町ステーションタワーN」商業ゾーン、9月開業

かねてから開発中のJR田町駅東口エリアプロジェクト「msb Tamachi」(ムスブ田町)が、このほど「タワーN」の竣工により街区全体を完成。商業ゾーンが今年9月に開業となる。
「msb Tamachi」は、駅隣接の東京ガス不動産所有地(約2万8000㎡)を、同社と三井不動産、三菱地所の3社共同で進めていたプロジェクトで、オフィス、商業施設、ホテルなどからなる駅直結の複合ビジネス拠点として街区開発を進めていたもの。敷地内は東京ガスグループの環境エネルギー技術による熱・電気を効率的に供給する「スマートエネルギーネットワーク」を構築。2棟で計5万坪のオフィス勤務者をはじめ、来街者まで含めた「エリアマネージメント」を掲げ、各種イベントや地域交流活性化への取り組みを強化していく予定。
9月に開業する「タワーN」の商業ゾーンは、都内初出店をはじめとする飲食店を中心とした15店舗で構成。2018年開業の「タワーS」の既存21店舗と合わせてバラエティに富んだショップ&レストラン街となる。

 

 

「msb Tamachi 田町ステーションタワーN」
商業ゾーンオープン:2020年9月1日(火)
所在地:東京都港区芝浦3-1-1
事業者:東京ガス不動産
敷地面積:約1万3234㎡
延床面積:約15万2342㎡
規模:地下2階、地上36階建て
用途:4〜35階/事務所、1・2階/店舗、地下1階/駐車場、地下2階/地域冷暖房施設
設計監理:日建設計、三菱地所設計
外装デザイン:KPF
施工:清水建設
https://www.msb-tamachi.net/

Share