佐島倶楽部

プライベートの保養所として使用されていた海際の建物がリノベーションされ、新たにPrivate villa「佐島倶楽部」としてオープンした。用途は、ウエディングパーティーや展示会、企業用研修施設、撮影スタジオなど幅広い活用が想定されている。もともとこの建物は、現オーナー、森健一氏の大叔父にあたるチャールズ・E・タトル氏が1954年に建てたレッドハウスと呼ばれる木造建築で、1986年に本田技研工業の保養所として建て替えられた。そして今回、インテリアディレクター・黒田美津子(くろだ・みつこ)氏の手により、ゲストルーム付きの3層戸建てのヴィラとして新たに再生された。空間のテーマは自然の4元素『火、水、土、空気』。借景となる豊かな海の表情を、さまざまなマテリアルやアイテムで表現した空間となっている。 

 

 Modern Architect on the Beach

Privately owned retreat were renovated and opened new private villa “Sajima Club.” The venue will be used for various purposes, such as wedding receptions, exhibitions, training facilities, and photo studio. This building was build in 1954 by Charles E. Tuttle, grand uncle of Mr. Kenichi Mori,  the current owner. and called “Red House” and renovated in 1986 for the company retreat of Honda. And this time, it was once again renovated by Mitsuko Kuroda, interior director to a 3-storey villa with guest rooms. Theme of the space is four elements of nature, “Fire, Water, Earth and Air.” The design with various materials reflects the scenes of the ocean in front of the building.

 

  • 「佐島倶楽部」 / Sajima Club
  • グランドオープン / Grand Opening :2011年3月1日 / March 1, 2011
  • 所在地/Address :神奈川県横須賀市佐島3-8-21  / 3-8-21, Sajima, Yokosuka-shi, Kanagawa
  • オーナー/Owner:タトル・モリエイジェンシー 森 健一 / Kenichi Mori, Tuttle-Mori Agency  
  • インテリアディレクター/Interior Director:黒田美津子/Mitsuko Kuroda 
  • 撮影/Photo :ナカサ&パートナーズ / Nakasa & Partners

 

 

 

3階に5室あるゲストルームの内の一室。居心地感の良い空間に仕上がっている

One of their comfortable guest room on 3-5th floor.

 

Share