News

11月5日「丸の内テラス」がオープン


みずほフィナンシャルグループ、全国銀行協会、三菱地所の三者共同事業として進められていた「みずほ丸の内タワー・銀行会館・丸の内テラス」が9月末に竣工、11月5日に「丸の内テラス」の商業ゾーンがグランドオープンした。
事業全体は、千代田区丸の内に位置する「みずほ銀行前本店ビル」「銀行会館」「東京銀行協会ビル」の3棟一体建て替えプロジェクトで、新しい建物はみずほフィナンシャルグループの本部機能を集約した「みずほ丸の内タワー」と「銀行会館」、もう1棟が三菱地所による複合施設「丸の内テラス」の2棟で構成される。東京駅と大手町エリアを繋ぐバリアフリーな地下歩行者ネットワークも構築され、来街者の憩いやにぎわいの場となる屋外空間を含め周辺景観なども整備された。
「丸の内テラス」は、トランジットジェネラルオフィスが手掛けるルーフトップレストラン「THE UPPER」(インテリアデザイン:Luchetti Krelle)をはじめ、飲食・物販・サービスの計11店舗の商業ゾーンと、プライベートクラブ「OCA TOKYO(オーカ トウキョウ)」で構成される。

 

「みずほ丸の内タワー・銀行会館・丸の内テラス」
所在地:千代田区丸の内一丁目3番1号、3号、4号
敷地面積:1万1237㎡(3,399 坪)
階数:地下4階、地上29階、塔屋2階(建物高さ約149.7m)
構造:地上S造、地下SRC造(一部S造)
延べ床面積:約18万878㎡
事業者:みずほフィナンシャルグループ、全国銀行協会、三菱地所
設計・監理:三菱地所設計、日本設計、久米設計
施工:大林・大成・清水建設共同企業体

 

「丸の内テラス」
オープン:2020年11月5日(木)
階数:地下4階、地上10階(建物高さ約56.65m)
延べ床面積:約2万530 ㎡
https://www.marunouchi.com/lp/marunouchiterrace/

 

Share