STUDIO MULE MUSIC+DRINKS

国内外のハウス・テクノミュージックシーンを牽引する音楽レーベル「mule musiq(ミュール・ミュージック)」のための新たなスペース「STUDIO MULE」の計画。ここでの”studio”はミュージックスタジオではなく、フランス語で”小さな部屋”の意。約11坪の限られたスペースに、「エレクトリックでエレガントな音楽」「愛すべきビンテージオーディオ」「本物のナチュラルワイン」といった、レーベルのディレクターでありオーナーの好きなものを凝縮するという、嗜好性の強い空間の計画が求められた。まず必要となったのは、オーナーが所有しているレーベルのインスピレーションの源とも言える大量のビンテージレコードのストック、そしてナチュラルワインのためのセラーである。これらの収納を確保するため、計画ではL字のカウンターを軸とすることで、それぞれの機能を独立させながら設けることを考えた。そしてカウンターの天板には表情が特徴的なブラジル産の御影石を用い、ここへダークグリーンのカラーを組み合わせて、落ち着いた空気がありながらも個性的でモダンなレーベルの空気感を意識している。また、カウンターに並ぶハイチェアはこの場所のためのオリジナルチェア。レーベルの頭文字であるMをモチーフに、補強材を入れて特徴的な後ろ姿をデザインした。カウンター脇にある1畳足らずの視聴室ではレーベルのタイトルを一人で楽しむことができ、その小さな空間は「電話ボックス」の愛称として定着しつつある。素材の選定から構成まですべてにおいて、オーナーが持つ雰囲気を強く意識しながら行ったプロジェクト。時間をかけて使い込まれる中で、より馴染んでいくことを願っている。(二俣公一/ケース・リアル

 

「STUDIO MULE MUSIC+DRINKS」
所在地:東京都渋谷区神山町16-4 ヴィラメトロポリス 3階
オープン:2020年7月
設計:ケース・リアル 二俣公一 橋詰亜季
照明計画:BRANCH LIGHTING DESIGN 中村達基
家具製作:E&Y
サイン:ステファン・マークス
施工:アンドエス
面積:38.64㎡
Photo:adhoc 志摩大輔

【内装仕上げ仕様】
床:ベニヤt12捨て貼り+新規特注色フローリング貼り(望造)
壁:既存仕上撤去の上PB増し貼りAEPグレー仕上げ
天井:新規天井PB下地AEP白(エントランス、ワインセラーのみグレー)
カウンター天板:ブラジル産御影石(関ヶ原石材)

Share