News

三井不動産、九州電力、西日本鉄道の3社、福岡市青果市場跡地に商業施設を着工 2022年春開業予定

 

三井不動産(東京都)、九州電力(福岡県)、西日本鉄道(福岡県)の3社は、11月12日、福岡市博多区青果市場跡地の商業施設開発の起工式を行なった。開業は2022年春を予定。
同事業は、福岡市が実施した「青果市場跡地活用事業」の事業者公募で、三井不動産、九州電力、西日本鉄道の事業コンソーシアムによる提案を経て、3社共同で設立した特別目的会社(博多那珂6開発特定目的会社)が当該跡地を取得し、推進しているプロジェクトとなる。
施設は、福岡市におけるまちづくりの新たな拠点として、広場空間と商業空間を中核に、福岡・九州の魅力発信や開かれた場づくり等、都市機能の充実に寄与するという。
広場等の空間には、コンセプトの異なる多彩で多機能な広場(パーク)を敷地全体に計画。フットサルコートやテニスコート、200ⅿトラックを有するスポーツパーク等、地域の人々をはじめとした多様な人々が集い出会う場を提供する。商業機能では、ファッション、雑貨、飲食、エンターテインメント施設等、話題性の高い店舗をそろえ、ファミリー層をはじめ、シニア・ヤング層まで幅広い世代が楽しめる、出会いと体験に満ちた新しい施設を目指す。
計画地は、福岡空港、博多駅に近接しており、JR鹿児島本線「竹下」駅から徒歩圏内にあるとともに、計画地内にバスターミナルの新設を予定しているなど、アクセスに優れた立地となっている。


「(仮称)福岡市青果市場跡地活用事業」
所在地:福岡市博多区那珂六丁目351番他(福岡市青果市場跡地)
開業:2022年春(予定)
敷地面積:約8万6600㎡(約2万6200坪)
構造:鉄骨造
規模:店舗棟/地下1階、地上5階建て 立体駐車場棟/地上7階建て2棟ほか
延べ床面積:約20万6400㎡(約6万2400坪) ※立体駐車場棟含む
事業者:博多那珂6開発特定目的会社
設計:株式会社竹中工務店
施工:店舗棟/竹中・南海辰村・西鉄建設・小林・坂下 建設共同企業体、立体駐車場棟/大和リース
デザイン外装:ノンスケール
ランドスケープ:スタジオゲンクマガイ
内装環境:丹青社

Share