お晩菜ごんた

宇和島の郷土料理を中心としたお晩菜料理を提供する「お晩菜ごんた」。女将一人で営業するスタイルのため、カウンターがメインのお店です。空間コンセプトは女将の柔らかくて「まあるい」イメージから「MOON〜月と太陽〜」。素の自分に戻ってリラックスできる場所、明日への活力をチャージする場所、そして太陽(自分)がより輝くために全てを受け入れ癒してくれる月。まぁるくて優しい時間が流れる場所を目指してデザインしました。エントランスにはアイキャッチとしてコンセプトの月(飾り棚)を配置し、間接照明を仕込むことで、あたかも月が浮かび上がるような雰囲気を演出。凛とした優しい空間になったと思います。(高田剛志/アトリエ・ボウ

 

「お晩菜ごんた」
所在地:東京都港区赤坂5-2-40 岡本ビル1階
オープン:2020年10月14日
設計:アトリエ・ボウ 高田剛志 高田みほこ
家具制作:ENLinks 青木 巖
坪庭植栽(紅葉):トランプフラワーズ
床面積:26.91㎡
客席数:12席
Photo:荒木文雄

【内外装仕様データ】
〈エントランス〉
床:那智黒石敷き 飛石設置
壁:左官仕上げ新京外壁聚楽調(MKS-19/四国化成工業) 飾り棚壁/強制紙(アワガミファクトリー)手揉みしわ加工ウレタン塗装仕上げ
天井:EP塗装
〈ホール〉
床:フローリング貼り(カチンコチンオーク/サンワカンパニー
壁:PB12.5下地ビニルクロス貼り(TH30155/サンゲツ
天井:EP塗装
家具:カウンター天板/魚梁瀬杉(ヤナセスギ)柾目ウレタン全ツヤ消し仕上げ 吊り棚/タモ材木目ウレタン全ツヤ消し仕上げ
〈トイレ〉
床:磁器質タイル貼り(天音 AMN-6030/100/Maristo
壁:一部モザイクタイル貼り(Japonica JP-BL/平田タイル
天井:クロス貼り(TH30917/サンゲツ


アトリエ・ボウ/高田剛志 高田みほこ
建築・空間デザイナー。高田剛志氏はショーケースデザイン等の仕事を経て建築設計事務所へ勤務。その後店舗設計施工会社、アトリエ設計事務所に所属後フリーランスとして活動。2007年にアトリエ・ボウを法人化。夫婦二人三脚で「犬小屋からビルまで」をモットーにクライアントに寄り添う設計デザインを提供する。

Share