HOTEL 1.10.1 / MARU’S BAR

JR恵比寿駅から徒歩2分の駅前商業地域に立地したホテルのリニューアル。古き趣のある質の良い素材(建材・照明・家具・ディスプレイ)をデザインに取り入れ、プライベート空間を演出しました。客室は全40室、素材にこだわり、時間の経過とともに古くなっても歴史を感じれる・・・そんなビンテージな仕上がりのホテルになっています。これまで使用していなかった地下1階の空間はパブリックなバーへと改装し、宿泊者だけでなく一般客も利用できるようにして、カップル客から一人客、グループまで対応するつくりです。「プライベートホテル&パブリック・バー」として幅広い客層が訪れることを期待します。(佐藤慎吾/プラスエフ建築設計室

 

「HOTEL 1.10.1 / MARU’S BAR」
所在地:東京都渋谷区恵比寿南1-10-1
オープン:2020年9月1日
設計:プラスエフ建築設計室 佐藤慎吾
床面積:2198.15㎡
客室数:40室
客席数(バー):12席
Photo:STUDIO HAMA

【内外装仕様データ】
〈ホテルロビー〉
床:タイルヘリンボーン貼り 一部大理石モザイクタイル貼り
壁:樹脂系複層仕上材(ジョリパット/アイカ工業) 不燃ネオアンティークウッド貼り アンティークレンガタイル貼り EV壁/天然スレート貼り(ハンディーストーン/松下産業
家具:ビンテージ建具(1920年イギリス製) フロントカウンター/腰・壁面パネル貼り(コンクリエイト/アドヴァン) 天板・ウォールナット耳付き
〈ホテル共用通路〉
床:ロールカーペット貼り
壁:樹脂系複層仕上材(ジョリパット/アイカ工業) EV壁/天然スレート貼り(ハンディーストーン/松下産業) 化粧柱/古材パネルハンドヒューン仕上げ
〈客室〉
床:フローリング貼り タイル貼り カーペット敷き
壁:樹脂系複層仕上材各種パターン(ジョリパット/アイカ工業
〈バー〉
床:大判タイル(Unika)
壁:樹脂系複層仕上材各種パターン(ジョリパット/アイカ工業) アンティークレンガタイル貼り 化粧柱/古材パネルハンドヒューン仕上げ
天井:ホリゾント内特殊塗装
家具:カウンター/腰・壁面パネル貼り(コンクリエイト/アドヴァン) 天板・ガラス内部銀黒メタリックタイル貼り


佐藤慎吾/プラスエフ建築設計室
デザイナー。1991年、法政大学建築学科卒業。1991年、遠藤照明 環境照明研究所。2000年、プラスエフ建築設計室。自然素材と光の織りなす空間創造、ホテルやバーなどの設計を手掛ける。

Share