東急ステイ飛騨高山 結の湯

「東急ステイ飛騨高山 結の湯」は、旅人と高山に暮す人が集い、新たな文化の発信基地となる場を開発コンセプトに建てられたホテルである。「Fusion高山」をコンセプトに、飛騨春慶や手すき和紙をはじめとする飛騨高山の豊かな伝統工芸と現代的な感覚の融合を試みた。ロビー、レセプション、カフェが一体となった1階と、吹き抜けでつながる2階のレストランは、飛騨春慶ルーバー、組紐アート、千鳥格子などの伝統工芸の緻密さと大胆さをデザインに組み込むことにより、古民家等に代表される飛騨高山のイメージを現代的に表現した。旅人の疲れを癒す温浴施設は、地元の美濃石をくりぬいたかけ湯がシンボルの伝統的な檜風呂と、ひょうたんをモチーフにしたモダンなイメージの2つの風呂をデザインした。地元の土を使ったダイナミックな左官アート「雪どけ」は左官職人の挟土秀平氏による作品である。(橋本夕紀夫デザインスタジオ

 

「東急ステイ飛騨高山 結の湯」
所在地:岐阜県高山市花⾥町4-301
オープン:2020年4月1日
インテリアデザイン:橋本夕紀夫デザインスタジオ 橋本夕紀夫 屋代知美
床面積:9321.47㎡
Photo:ナカサ&パートナーズ

【内外装仕様データ】
〈ロビー〉
床:コンクリート下地ナラWPC複合フローリング貼り(ボード) モルタル下地青石貼り(和田大理石)
壁:PBt12.5下地耐力下地材貼り(ダイライト/大建工業)の上突き板貼りt6~18
天井:PBt12.5下地AEP
家具:カウンター/栃無垢板天板(木曽アルテック社) セラミックタイル貼り(GARZAS BASALTO/サンゲツ
〈レストラン〉
床:コンクリート金ゴテモルタル下地石材貼り(ファンタジーグレーナチュラルバーナー仕上げ/アドヴァン
壁:PBt12.5下地AEP ケイカル板の上銅箔貼り(歴清社
天井:PBt12.5AEP
家具:イス(AA22 w+o/ロックストーン
〈湯上りラウンジ〉
床:コンクリート金ゴテモルタル下地石材貼り(ファンタジーグレーナチュラルバーナー仕上げ/アドヴァン
壁:PBt12.5下地AEP コンクリート下地特殊左官仕上げ(秀平組
天井:PBt12.5下地AEP
家具:テーブル/ナラ無垢材(木曽アルテック社) イス(AA22 w+o/ロックストーン
〈檜風呂〉
床:コンクリート金ゴテ仕上げアスファルト防水 美濃石(和田大理石)
壁:コンクリートブロック下地アスファルト防水 石材貼り(ロックフェイス/アドヴァン
天井:セメントボード貼り(アクアパネル/チヨダウーテ) 特注アルミスパンドレイル(アクト
風呂:檜材(檜創建
〈ひょうたん風呂〉
床:コンクリート金ゴテ仕上げアスファルト防水 ジンバブエブラック御影石(和田大理石)
壁:コンクリートブロック下地アスファルト防水 ジンバブエブラック御影石(和田大理石)
天井:セメントボード貼り(アクアパネル/チヨダウーテ) 特注アルミスパンドレイル(アクト
風呂:ジンバブエブラック御影石(和田大理石)


橋本夕紀夫/橋本夕紀夫デザインスタジオ
1962年愛知県生まれ。86年愛知県立芸術大学デザイン学科卒業。86年スーパーポテト入社。96年橋本夕紀夫デザインスタジオ設立。ナショップライティングコンテスト優秀賞、JCD優秀賞、北米照明学会IIDA アワードオブエクセレンスなど受賞歴多数。昭和女子大、愛知県立芸術大学 非常勤講師。

Share