一颯 IBUKI Teppanyaki Restaurant

IBUKI はホーチミン市内にあるNEW WORLD HOTEL内にできた鉄板焼きレストランである。多国籍な宿泊者であふれる国際色豊かな場所柄、各国のVIPをもてなすために、非日常的な気分、高揚感、優雅な時間を料理とともに堪能できる空間であることが求められた。
店内はカウンターが並ぶオープンエリアと、個室エリアで構成されている。鉄板カウンターの上には折り曲げられたサビ鉄板がフードを覆い、天井には三角形を規則正しく配列して積層させた金色のスチールロッドが吊られている。カウンターバックの壁をシンプルにし色調を暗くすることによってこれらが背景から浮かび上がり表情豊かに全体を彩ると同時に、鉄板焼きの醍醐味であるシェフの鮮やかな手捌きに自然と視線が集中し、丁寧に作られたひと皿が完成する過程を間近で体感できる。個室エリアに使われた金属製のメッシュは空間を柔らかく区切り、向こう側の景色に紗がかかり対象物の輪郭がぼやけて見える。人の気配は感じながらもプライバシーは保てる、なんとも不思議な眺めが得られるスクリーンとなった。(川口淳志/DESIGN & CREATIVE ASSOCIATES

 

「一颯 IBUKI Teppanyaki Restaurant」
所在地:Dist.1, HOCHIMINH-city, VIETNAM
オープン:2019年11月
設計:DESIGN & CREATIVE ASSOCIATES 川口淳志
床面積:200㎡
客席数:67席
Photo:大木宏之

【内外装仕様データ】
床:モルタル下地セラミックタイル貼り(VIET CERAMICS) カーペット(サンゲツ
壁:玄武岩t12貼り+真鍮フラットバー見切り(LAVA STONE) 特注竹製アーチ(自社製)
天井:PBt12.5下地AEP 天吊り特注スチールロッド造作ゴールド塗装(自社製)
家具:テーブル、イス(自社製) カウンター天板/大理石(DFV STONE)


川口淳志/DESIGN & CREATIVE ASSOCIATES
1976年生まれ。京都府立大学大学院修了後、職人として店舗の内装に数多く関わる。2008年DCAに入社しベトナムを拠点として店舗、オフィスのデザインを本格的に始める。GERMAN DESIGN AWARDS、ICONIC AWARDS、SKY DESIGN AWARDS等受賞歴多数。

Share