News

110周年を迎えた三越製作所の展覧会 「受け継がれる匠の技と美意識」開催

三越日本橋本店(東京・日本橋)で、110周年を迎えた三越製作所初の展覧会「三越製作所 受け継がれる匠の技と美意識」を開催している。三越製作所は、1910(明治43)年に三越の前身である三越呉服店の家具加工部から始まった、家具製作を手がける木工家具工場。日本が本格的に生活様式の近代化を目指し始めた時代から、室内装飾と一体となった特注家具から一脚の椅子などを手がけ、木取り・組み立て・塗装といったすべての工程を一気通貫で製作してきた。
現在は、ファイブスターホテルや商業施設の建装事業、住環境のオートクチュール・リノベーションまでを手がける三越伊勢丹プロパティ・デザイン(IMPD)直営の木工家具工場として、“100年先も誇れる家具と建装”を合言葉に、永く愛されることと、サステナビリティの両立を目指したものづくりを続けている。
本展覧会では、三越製作所の110年に及ぶ軌跡を、貴重な資料や展示の数々を通じて紹介。中でも見所は、1968年(昭和43)年に三越製作所が製作し、宮内庁に納入した「玉座」の試作品で、本展が初公開になる。さらに、近年の作品では、モダンデザインの傑作として名高い「バンブーチェア」のオリジナルと、建築家・隈 研吾氏とのコラボレーションによって生まれた新作家具「topo」も展示される。会場には、三越製作所の工房を再現。先人の職人たちから代々受け継ぎ、今も大切に使い続けている鉋(かんな)などの工具や、椅子の木地型板などとともに、三越製作所の足跡を紹介する映像も上映されるという。

「三越製作所 受け継がれる匠の技と美意識」
会期:開催中〜2021年3月16日(火)
時間:10:00~19:00(入場は18:30まで)
会場:三越日本橋本店 本館1階中央ホール

https://www.mitsukoshi.mistore.jp/nihombashi/shops/living/living_stationery/shopnews_list/shopnews0326.html
https://hautecouturerenovation.com/rekishiten.html

 

Share