News

木住野彰悟「寸法」展

東京・白金の「OUR FAVOURITE SHOP/OFS gallery」で、「木住野彰悟『寸法』展」が4月1日〜18日まで開催される。木住野氏は、企業や商品のブランディングをメインに、ロゴやパッケージデザイン、空間におけるサインデザインなどを幅広く手がけるアートディレクター、グラフィックデザイナー。グッドデザイン賞審査員や「ヤングライオンズコンペティション」日本選考会の審査員なども務めている。
本展では、同氏のインフォメーションデザインに対する考え方を紹介。「インフォメーションデザインは、ほどよい寸法の見立てが基本となります。情報を必要としている人の目にはパッととまること。必要としていない人の目には、うるさくないこと。環境との相関で決まるほどよい寸法をさぐりあてることが、きちんと役割を果たすデザインには欠かせないのです」と語る通り、普段から寸法を意識し、体感を通してその感覚を掴んでストックしておくことが必要という同氏が見る景色をリアルな空間に再現しようと試みている。
開催は昨年に続き2回目だが、緊急事態宣言の影響を受けた1年の熟成を経て、新たな作品も追加されている。ふだん意識することのない“寸法”を体感することで、日常を違った尺度でとらえる機会が生まれそうだ。

 

木住野彰悟「寸法」展
会期:2021年4月1日(木)~18日(日) ※木〜日のみOPEN
時間:12:00~19:00(最終日は17:00まで)
会場:OFS gallery(OUR FAVOURITE SHOP内)/東京都港区白金5-12-21
http://ofs.tokyo/

Share