News

川崎駅前に商業施設「KAWASAKI DELTA」が5月オープン

JR東日本グループによる神奈川県・川崎駅西口開発計画「KAWASAKI DELTA(カワサキデルタ)」が、2021年5月13日より順次オープンする。
場所は、川崎駅西口「ミューザ川崎」とJR線路の間の三角帯。「JR川崎タワー商業棟(地上5階、地下1階)」「JR川崎タワーオフィス棟(地上29階、地下2階)」「ホテルメトロポリタン川崎(地上16階・客室全304室)」の3棟と、歩行者デッキ上の中央広場「デルタプラザ」で構成される。
昨年5月に先行オープンした「ホテルメトロポリタン川崎」は、定期的な音楽イベントや館内アートが楽しめるシティホテルで、デザイン監修をSUPPOSE DESIGN OFFICEが担当した。この4月には、オフィス棟が完成。6月には、JR東日本グループが展開する大会議室(270名収容)、パーティー対応が可能なホール「ステーションコンファレンス川崎」などの開業が予定されている。
商業棟は5月より順次オープン。2階にJR東日本ビルディングが運営する「カフェ&レストラン(約2,500㎡)」や、3~5階に東日本スポーツが運営するプール、フットサルコートなどを備えた「ジェクサー・フィットネス&スパ24川崎(約4,000㎡)」などで構成。保育施設を含む、計9テナントで構成される。

「KAWASAKI DELTA」
所在地:神奈川県川崎市幸区大宮町1-5
グランドオープン:2021年5月19日(水)
敷地面積:1万2400㎡
延床面積:13万7000㎡
店舗面積:2500㎡
店舗数:9店舗
用途:ホテル、オフィス、商業施設

Share