News

「みなとみらい21」の新たな大型開発が着工

大林組(東京・港区)、京浜急行電鉄(神奈川県・横浜市)、日鉄興和不動産(東京・港区)、ヤマハ(静岡県・浜松市)、みなとみらい53EAST(大林組出資による特別目的会社)の5社は、共同開発中の「みなとみらい21中央地区53街区開発事業」の20214月着工を発表した。完成は243月末を予定している。
これは、総延床面積約18万㎡を超える、2棟(WEST棟・EAST棟)から成る大規模複合施設の開発プロジェクトで、施設内はオフィス・ホテル・店舗などで構成。場所は、みなとみらい線「新高島駅」から徒歩1分、「横浜駅」から徒歩8分と、交通の利便性が高く、「みなとみらい21」中央地区内の拠点となる駅や施設を結ぶ遊歩空間の結節点に位置する。
WEST
棟は、基準階専有面積3360㎡(約1016坪)。オフィスを主な用途とし、上層部は京急グループの上位グレード「京急EXホテル」(150室)、低層部はヤマハのブランド発信拠点や店舗で構成される“多機能交流拠点”が入る。
EAST
棟は、基準階専有面積が2796㎡。こちらもオフィス用途がメインで、両棟共に、“ABW(Activity Based Working)”の考え方を取り入れ、さまざまなレイアウトに対応可能なほか、自然換気を導入して感染症対策に配慮するという。建物1階には、県内企業やスタートアップ企業、ベンチャーキャピタルなどが新しい価値を創出する“オープンイノベーションスペース”を設ける。2棟の低層部には、“ランブリング(気ままなぶらぶら歩き)”をコンセプトにしたコモンスペース(広場状空地)が設けられるほか、横浜駅方面からのペデストリアンデッキを延伸して敷地内に引き込み、雨に濡れない快適な歩行者ネットワークを構築するという。
「みなとみらい21中央地区53街区開発事業」
所在地:横浜市西区みなとみらい5-1-1
事業者:大林組、京浜急行電鉄、日鉄興和不動産、ヤマハ、みなとみらい53EAST
設計施工:大林組
敷地面積:2620.58
建物延床面積:183132.29
WEST
棟:高さ:約158m(地下1階 地上30階 塔屋2階建て)
EAST
棟 高さ:約90m(地下1階 地上16階 塔屋1階建て)
工期:20214月~20243月末

Share