LIVING MOTIF WORK+

「クリエイティビティが生まれるオフィス」をテーマとしたショールーム「LIVING MOTIF WORK+(リビング モティーフ ワークプラス)」のインテリアデザイン。働き方が大きく変化している現在、リモートワークが普及したことで、集う場所としての価値が問い直されています。このショールームでは、オフィス家具を組み合わせたワークユニットによる空間を提案しているため、素材によってイメージが偏ってしまわないようにしながらも、オフィス空間を想起しやすいような工夫が必要だと考えました。そこで、目地が生み出す「線」に表情を与え、特徴づけることを試みました。一つの大きな空間をグラフィカルな線によって、緩やかに分節。「線」は、メジャーのような役割も果たし、オフィスに設置した際のスケール感が捉えやすくなるという実用性も備えつつタイルやヘリンボーンフローリングの気配を感じることができます。ショールームにおける実務的な確認作業を、楽しいコミュニケーションへ変換することを目指しました。(小栗誠詞/イド

 

「LIVING MOTIF WORK+」
所在地:東京都港区六本木5-17-1 AXISビル3階
オープン:2021年4月8日
ディレクション:アクシス 吉田栄二 太田美紀 横山優
インテリアデザイン:イド 小栗誠詞 渋谷明 上遠野苑美
照明:モデュレックス 小西晶子 辻本尊啓
施工:エスタビルド 井口博志
床面積:135㎡
Photo:山内紀人

【内外装仕様データ】
床:既存スラブの上床上げ天然リノリウム貼り(マーモリウム ウォルトン ML-3368/フォルボ) 目地棒(MB-52-S/サンゲツ
壁:LGS下地不燃PBt9.5貼り+ケイカル板t5の上AEP塗装(日塗工GN-40 3分艶あり)
天井:既存利用 吊り金物/ライティングダクトレール塗装仕上げ 吊りサイン/ステンレス板金t1.5tレーザーカットの上焼き付け塗装(日塗工G25-70C 3分艶あり)


小栗誠詞/イド
インテリアデザイナー。1983年愛知県生まれ。2008年多摩美術大学大学院修了。acrylic、nendoを経て、2013年に株式会社イドを設立。インテリアを中心に、プロダクト、グラフィック、ブランディングに至るまで幅広く活動を展開。

Share