News

「泉岳寺駅」周辺の再開発プロジェクト



東急不動産と京浜急行電鉄が、東京都から特定建築者に選定され、都営地下鉄浅草線・京急本線「泉岳寺」駅付近の高層ビル整備を進めることを発表した。
プロジェクトの名称は、「東京都市計画事業 泉岳寺駅地区第二種市街地再開発事業」。建設予定のビルは、地下3階・地上30階建て、延べ床面積約11万㎡という規模。
地下13階および地上1階に地下鉄駅が入るほか、JR山手線京浜東北線「高輪ゲートウェイ」駅へ歩行者デッキで接続されるという。
地下1階〜地上2階に商業施設、311階オフィス、1227階共同住宅(約350戸)という構成。着工は20234月、工事完了20283月頃を目指すという。

 

「東京都市計画事業 泉岳寺駅地区第二種市街地再開発事業」
所在地:東京都港区高輪二丁目81-1ほか(地番)
構造:RC造、一部SRC造、S
階数:地下3階・地上30階建て
高さ:145m
敷地面積:8486
建築面積:5124㎡(対敷地面積:60%)
延床面積:11644㎡(対敷地面積:974%
容積対象床面積:82666
主要用途:住宅(約350戸)、業務施設、商業施設、駅舎、駐車場

Share