News

「天童木工」3人のデザイナーによる新作発表

天童木工が創立80周年を記念して、昨年より取り組んできた「TENDO JAPANESE MODERN /80 PROJECT」の一環として新作家具を発表する。
“ジャパニーズモダン”の再考を通して、建築・インテリア・プロダクトそれぞれの視点から天童木工の今を体現するために新しく3名のデザイナーを招聘。中村拓志(NAP建築設計事務所)による「Swing chair」、二俣公一(CASE-REAL)による「Sand」、熊野亘(kumano)による「PLYPLY」を完成させた。
また、同社の80年の歩みと、その歴史の中で協働してきた建築家やデザイナーとの仕事をまとめた書籍『天童木工とジャパニーズモダン』(青幻舎)も刊行。これらを記念して、7月初旬から天童木工東京ショールーム&ストアと、代官山蔦屋書店2号館にてエキシビションが開催される。

「TENDO JAPANESE MODERN/80 PROJECT」新作発表会
会期:2021年7月2日(金)〜30日(金) ※水曜定休。22、23日は休業
会場:天童木工 東京ショールーム&ストア/東京都港区浜松町1-19-2

BOOK&FURNITUREフェア
会期:2021年7月7日(水)~ 8月6日(金) ※予定
会場:代官山 蔦屋書店2号館/東京都渋谷区猿楽町17-5

 

天童木工
https://www.tendo-mokko.co.jp

Share