News

京都「COCON KARASUMA」に新エリアがオープン

京都・四条烏丸の複合商業施設「COCON KARASUMA(古今烏丸)」が、17年ぶりにリノベーションを行い、7月22日、新エリアがオープンする。設計・デザインは、開業時と同じ建築家の隈研吾氏が手掛けた。
この建物は、1938年竣工の近代建築「旧丸紅ビル」を2004年に再生・開業。京都装飾紙の老舗「唐長」の文様「天平大雲」が描かれた緑色のファサードが特徴的で、インテリアやアートのショップ、レストラン、映画館、オフィスなどが入る。
今回新たにリノベートされたエリアは、開業時に増築して作った「アトリウムスペース」。ガラスファサードの一部に孔をあけ、雲をイメージしたウッドパネル(WOOD-CLOUD)を設置、烏丸通に面した開放的なテラススペースを設けている。屋内には、ベンチとしても機能するダイナミックな階段を新設。京都エリアの人気ベーカリー約10店舗の人気商品を一堂に集めたパンのセレクトショップ「KYOTO 1er BAKERY with cuisine」と共に、以前通路だった場所に賑わいを創り出すという。
新エリアの誕生を記念して、施設の歴史を振り返るパネル展、リノベーションの模型展示が予定されている。

COCON KARASUMA
所在地:京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620番地
新エリアオープン:2021722日(木)
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造 地下1階 地上8階建て
運営:ケイアイ興産
設計監理:隈研吾建築都市設計事務所、三信建築設計事務所
施工:竹中工務店 京都支店
https://coconkarasuma.com/

Share