News

五反田「旧ゆうぽうと跡地」に大規模複合施設

日本郵政不動産(東京・千代田区)が、東京・西五反田「旧ゆうぽうと跡地」の大規模複合開発「五反田計画(仮称)」の着工を発表した。“TOKYO, NEXT CREATION”をコンセプトに、多様な出合いと交流、新しい価値創造を促す次世代の街の拠点を目指し、完成は2023年12月を予定している。
四方には多種多様な植栽による「五反田の森」を整備。建物内は、地上1~3階にフードホール、シェアオフィス、ホール&カンファレンスが設置されるほか、3〜12階はオフィス、14〜20階はホテルで構成される。ホテルの運営は星野リゾートが行う。
また、旧ゆうぽうとの地下躯体活用により、建物解体に伴う廃棄物削減、周辺環境への配慮、二酸化炭素(CO2)排出の抑制に努めるなど、SDGs達成への貢献のほか、低放射「Low-Eガラス」の使用をはじめ、再生水利用や太陽光発電の設置など、環境負荷の軽減にも取り組み、CASBEE-建築Sランク取得を目指しているという。

 

「五反田計画(仮称)」
所在地:東京都品川区西五反田八丁目4番13号
竣工:2023年12月(予定)
敷地面積:約6700㎡
延床面積:約6万9000㎡
規模:地下3階、地上20階建て
施工:大林組
基本設計:日本郵政株式会社一級建築士事務所
実施設計:大林組一級建築士事務所

Share