鮓家一

東京の神楽坂、本多横丁に「鮓家一(すしやはじめ)」はあります。まず、私たちはこの店において大切なことにデザインの焦点を絞りました。それは「店主の舞台をデザインする」ことです。寿司のごとく素材を吟味し、丁寧に仕込みをして舞台を整えることが私たちの役割でした。一から丹精を込め、全てに妥協せずお客様に向き合うために始めた店。その想いを受け、店の中央に白衣の店主を引き立てるための墨色の背景の舞台を用意しました。低めの位置に錫箔を散らした特注墨和紙により、カウンターに座ったお客様の目が店主に引き寄せられます。さらに大谷石や檜、聚楽壁の柔らかな素材がその舞台を包みます。店主に惚れ込んだ方のご尽力で良質な無垢材の檜カウンターが実現し、旧家の蔵戸を玄関とし、その小扉をあけてにじり口のように入る、茶室のような店となりました。(佐竹永太郎/STAR

 

「鮓家一」
所在地:東京都新宿区神楽坂4-3 TKビル2階
オープン:2018年4月
設計:teamSTAR®/佐竹永太郎(STAR) 佐々木沙由里(IDEAAID)
床面積:30㎡
客席数:8席
Photo:伊藤徹也

【内装仕様データ】
床:大谷石600✕300貼り 一部白玉砂利+踏石
壁:PB下地左官聚楽仕上げ ウエスタンレッドシダー巾120貼り
天井:杉材格子パネル 一部クロス貼り
什器:カウンター/木曽檜 収納/オリジナル錫箔グラデーション和紙貼りの上定着剤吹き付け エントランス/蔵戸(古福庵


佐竹永太郎/STAR
建築家・クリエイティブディレクター。大学卒業後、アートを切り口とした建築デザインに従事。2002年に独立、2005年からSTAR(エスティエーアール)CEO。「デザインの力で世界は美しくなる」をモットーに、納骨堂からホテル、別荘のデザインまで幅広く手掛ける。APIDA2020 GOLD MEDALの他、海外のデザインアワード受賞多数。クラシックカー、古美術、アート、ジャズにも精通する。2020年から国際色豊かで多彩な経験を持つメンバーと共にクリエイティブチーム「teamSTAR®」を本格的にスタートした。

Share