News

30分単位の利用も可能な新提案ホテルが下北沢に開業

小田急電鉄が線路跡地の開発を進めている「下北線路街」に、都市型ホテル「MUSTARD HOTEL SHIMOKITAZAWA」(マスタードホテル下北沢)が、9月16日開業する。
小田急線・下北沢駅から徒歩6分の場所に位置し、宿泊施設だけでなく、街の人と生活を繋ぐ新たなサービスや付加価値を提供するという。
建物は地上2階建てで、客室は全60室。ダブルルームを中心に、テラス付きなどの客室タイプが揃う。設計・デザイン監修は、ジェネラルデザインの大堀伸氏が担当、白や木を基調としたシンプルな空間に仕上げられている。
すべての客室にレコードプレイヤーが備えられており、宿泊客は下北沢の名店「Jazzy Sport」監修の300枚のレコードの中から無料で借りて客室で楽しむことができる。ホテル1階にあるカフェでは、焙煎機でローストしたコーヒーや、毎朝工房で焼く自家製ベーグルを味わえるほか、併設の焼酎バーには40種類以上の焼酎や泡盛、蒸留酒が揃う。
また、パーソナル利用を目的とした時間貸しプラン(30分500円〜)も導入。プロジェクターやPC、音響機器などの備品レンタルも可能で、テレワークや映画鑑賞、プライベートパーティーなど、ユーザーの多様なニーズに応える提案を行う。

 

「MUSTARD HOTEL SHIMOKITAZAWA」
所在地:東京都世田谷区北沢3-9-19
開業日:2021年9月16日(木)
構造:鉄骨造
延床面積:1767.40㎡
設計・デザイン監修:ジェネラルデザイン一級建築士事務所
ランドスケープデザイン:DAISHIZEN(SOLSO)
https://mustardhotel.com/shimokitazawa/

Share