News

「ののあおやま」商業ゾーンの新規4店舗が決定

東京建物と三井不動産は、東京・北青山の複合施設「ののあおやま民活棟」1〜2階商業ゾーンの全店舗が決定、順次開業すると発表した。
商業ゾーン「ののあおやまショップ&レストラン」は、“森の商店街”をコンセプトに、飲食・物販・サービスなどで構成、昨年末より順次オープンしているが、今回新たに4店舗が加わる。
複合施設プロジェクト「ののあおやま民活棟」は、民間活用事業として北青山三丁目の都有地を借り受け、約3,500㎡の緑地空間を整備するとともに、賃貸レジデンス(229戸)、サービス付き高齢者向け住宅(49戸)、商業施設、保育所、地域交流施設などで構成されている。緑地空間全体のデザイン監修には、ランドスケープ・プラス平賀達也氏、樹種選定のアドバイザリーに東京農業大学客員教授の濱野周泰氏の協力を得て、多様な生物が持続的に生息できる豊かな緑地空間を創出。建物・景観デザイン監修には、隈研吾氏の協力を得て、大規模な森と調和した外観デザインを実現している。
「ののあおやま」
所在地:東京都港区北青山3丁目227-4
敷地面積:7,895.01㎡
延床面積:3万4800㎡
規模:地上25階建て

〈新規オープン4店舗〉
・「RACINES AOYAMA(ラシーヌ青山)」(ブルワリー併設オールデイダイニングとフードショップ)
・「Hotel’s(ホテルズ)」(フレンチレストラン「sio」の新業態)
・「リッツウェル」(職人常駐の体験型家具コンセプトストア)
・「ザ・レストラン イル・ルピーノ青山」(ウルフギャング・ズウィナー氏が手掛ける本格イタリアンレストラン)

〈オープン済み店舗・施設〉
「ERIC ROSE」、「オークヴィレッジ青山」、「スタインウェイ&サンズ東京」、「NEHAN(ネハン)」、「まちあいとおみせ」(地域交流拠点)、「おはよう保育園ののあおやま」

https://www.mitsui-chintai.co.jp/resident/original/aoyama/

 

Share