シェ・シバタ 名古屋

この地で長年営業していたパティスリー「Chez Shibata」が、ビルの建て替えに伴い一度クローズし、新築されたビルに新たなショップをオープンした。同店をデザインするにあたり、私が着目したのは「オーナー柴田シェフの個性」、すなわち「ルーツ」と「経験」そして「これから」だ。柴田シェフはパリで洋菓子づくりの修行をしたり、ご自身のお店をアジア諸国にも出店したりと、海外を身近に感じる環境で日々を過ごしながら、彼が作るものの味や見た目に自然と“日本を感じる部分”が備わっていることに気づき、またその自分らしさをこれからも磨いていきたいとのこと。また、彼には双子の弟がおり、今でこそ一緒に仕事をしているが、幼い頃はいつも2人セット扱われ、1人で遊びに行くと「あれ?もう1人は?」などと聞かれることがとても嫌で、“誰とも似ていないこと”を常に求め続けた結果、今の自分があるという。
そのルーツを踏まえ、ショップ全体のデザインは、華美な装飾を避け、壁の仕上材として着物の織機を使ったファブリックや日本の伝統的な左官を使うなど、繊細な手仕事を感じる技術を結集しつつ、シンプルにまとめることで和食店にも似た印象を創出した。ディテールにおいては、店内の柱や商品棚を一見すると同じでも、それぞれ商品棚や吊り棚との関係性に差異を持たせたり、モルタル製の什器の側面をわざと砕くことで唯一無二の側面を創出したりという、一つとして同じものがない空間としてつく上げている。また、シルバーグレーとナチュラルベージュをベースに、コーポレートカラーである茄子紺をアクセントとしたトーン&マナーにより、色とりどりの商品が一層華やいで見える効果も得られている。(井上愛之/ドイルコレクション

 

「シェ・シバタ 名古屋」
所在地:愛知県名古屋市千種区山門町2-54
オープン:2021年2月23日
設計:ドイルコレクション 井上愛之
床面積:156.39㎡
客席数:22席
Photo:ナカサ&パートナーズ

【内外装仕様データ】
床:モルタル金コテ押さえの上磁器質タイル貼り
壁:PBt12.5二重貼り下地版築風特殊左官仕上げ(ジェネレーションエックス) PBt12.5下地特注着物生地パネル仕上げ(三才
天井:PBt12.5下地クロス貼り
家具:オリジナル家具(ザ・ヴィンテージハウス
什器:ランバーコア下地斫り風特殊左官仕上げ(ジェネレーションエックス
照明:オリジナル特注照明(長谷川建築照明研究所)

井上愛之/ドイルコレクション
1977年横浜生まれ。2011年株式会社ドイルコレクション設立。2013年「Restaurant & Bar Design Awards(ロンドン)」にてAsia Bar部門でのWinner(No.1作品)受賞にはじまり、2017年「Firm of the Year(ニューヨーク)」にて日本の事務所として初めて”世界一の事務所”に選ばれるなど、手掛けるものの多くが国際的なアワードを受賞し注目を集めている。日本だけでなく、アメリカやイギリス、中国、タイ、インドなど活躍の場も世界中に広がり、その経験値が国内の業務にも活かされている。

Share