News

コクヨ、サステナブル木製家具ブランドの取り組みをスタート

コクヨが、木材をはじめとする国産の素材活用を通して森林の循環へ貢献する、サステナブルな木製家具ブランド「yuimori(ユイモリ)」の取り組みをスタートした。
同社は、森資源を活用して成長してきたことから、その資源が生まれる環境を守っていきたい、という想いを持ち、2006年に高知県の大正町森林組合(現・四万十町森林組合)とともに、「結(ゆい)の森プロジェクト」として森林保全活動をスタート。適正に間伐を行い、その効果の検証を実施するなどの15年の取り組みを経て、荒廃していた森が徐々に健全な姿になりつつあるという。
森林があるべき姿を保ち続けるために、その森林で育ち、間伐された木材をできる限り無駄なく活用する活動の一つとして、今回、同家具ブランドを立ち上げた。国産木材など、日本で生まれる素材を活用し、素材ごとに分解可能な設計を行うことにより、リサイクルや適切な廃棄ができる製品を通じて、自然共生社会へ貢献していくことを目指している。
1stプロダクトのデザインとディレクションは、芦沢啓治氏が手がけた。「結の森」を保全するために間伐したヒノキを使用した合板を立体的に曲げて成型。素直な構造体と曲げ合板を組み合わせることで、力強いフォルムながらシンプルなデザインを追求し、幅広い空間に調和するプロダクトを目指す。素材感豊かなデザインを具現化したのは、天童木工で、独自技術「Roll Press Wood」によるヒノキの活用を実現した。
製品は、11月4日より「コクヨ東京ショールーム」にてプロトタイプを展示、発売は来春を予定している。

 

「yuimori(ユイモリ)」
https://www.kokuyo-furniture.co.jp/special/yuimori/

Share