MILKBREW COFFEE

計画地のある佐賀県嬉野市の「塩田津(しおたつ)」は、国の伝統的建築物群保存地区に指定されており、一帯は外壁が白漆喰で覆われた町屋が立ち並ぶ歴史情緒の溢れた風景をなす。今回の計画はその地区のメイン通りに面し、かつて銀行としても使用されていた蔵を、酪農家とロースターとの協働によって生まれたMILKBREW COFFEE(ミルク出しコーヒー)のための旗艦店として改修する計画である。また、クライアントであるナカシマファームはチーズなど乳製品の加工を行なっていることでも有名で、私たちはここへMILKBREW COFFEEのためのカフェ機能と、乳製品の開発や加工を行うラボ機能とを計画することになった。
計画を進めるにあたって前提となったのは、今回の蔵は地区の中でも国の登録有形文化財に指定されており、白漆喰で覆われた外観には一切手を入れることは出来ないということである。一方、内部については手を加えても問題はなかったが、蔵のオーナーが大切に管理してきたこともあり、壁面の土壁や板壁、天井裏の屋根組等いずれも保存状態の良い空間となっていた。そのため私たちは内部を大きく一新してしまうのではなく、既存の状態を極力生かしながら必要となる機能をレイアウトすることにした。まず、テイクアウトやスタンディングカウンターへの提供が求められるカフェ機能は蔵の入り口側に配置。カウンターや壁面ディスプレイなどは真っ白なミルクからインスピレーションを受けた白い人工大理石で製作し、ジョイント部をスムージングして滑らかな質感の塊になるよう仕上げた。また、天井の屋根組の迫力が圧巻だったことから、カフェスペースの上部のみ屋根裏の床板を撤去し、蔵の持つ強さを最大限感じられる空間とした。一方乳製品のためのラボ機能は、既存の壁からセットバックした位置に新たに壁を設け、既存の土壁や板壁に手を加えることなく、蔵の中に独立した空間を箱として作った。そしてカフェスペースの背景となる壁はガラス張りとし、カフェ側からもラボスペースのライブ感を感じられるとともに、蔵と新たな機能とが統合されたハイブリッドな空間を意識した。メインの蔵の入り口には、既存の木製引戸の内側に新たに自動ドアを設置。一見すると元々ある蔵の外観でありながらも、通りに新たな空気感が滲み出るような状況を考えた。今回の改修を通して、この場所がMILKBREW COFFEEの発信基地として、またナカシマファームの創造の拠点として、塩田津の町並みや活気に寄与することを願っている。(二俣公一/ケース・リアル

「MILKBREW COFFEE」
計画地:佐賀県嬉野市塩田町大字馬場下甲727
オープン:2021年7月
設計:ケース・リアル 二俣公一 下平康一 久保山実暉
照明計画:BRANCH LIGHTING DESIGN 中村達基
施工:時空建築工房
床面積:80㎡
Photo:水崎浩志

【内外装仕様データ】
外壁:既存あらわし 外部サイン/面材・金物下地人工大理石貼り 文字部・ST-PLメラミン焼付塗装
床:モルタル下地細粒玉砂利洗い出し仕上げ 厨房部/モルタル下地塗床材仕上げ
壁:柱、梁、壁/既存柱、梁組、板壁あらわし 厨房壁/ケイカル板下地SUS-PL貼り
天井:既存天井利用 一部ST-PLメラミン焼付塗装
その他:ディスプレイ棚/合板下地人工大理石貼り カウンター/天板・コア芯下地人工大理石貼り 収納部・シナ合板フラッシュの上ウレタン塗装

二俣公一/ケース・リアル
空間・プロダクトデザイナー。1975年鹿児島生まれ。福岡と東京を拠点に空間設計を軸とするケース・リアル(CASE-REAL)とプロダクトデザインに特化する二俣スタジオ(KOICHI FUTATSUMATA STUDIO)の両主宰。国内外でインテリア・建築から家具・プロダクトに至るまで多岐に渡るデザインを手がける。近作にDDD HOTEL、イソップ新宿店、Chalet W、キウルベンチ(Artek)など。作品の一部はサンフランシスコ近代美術館の永久所蔵品に選出されているほか、その他受賞多数。2021年より神戸芸術工科大学客員教授。

Share