News

大阪・うめきた開発3ホテル決定、「ウォルドーフ・アストリア」関西初進出

 

大阪市内で進行中の「うめきた2期開発事業」を計画するJV9社(代表企業:三菱地所)が、プロジェクトにおけるスーパーラグジュアリーホテル(以下SL)、ライフスタイルホテル(以下LS)、アップスケールホテル(以下US)3つのホテルのオペレーターを決定した。SLホテル、LSホテルのオペレーターはヒルトンが担当し、「ウォルドーフ・アストリア大阪」「キャノピーbyヒルトン大阪梅田」として開業。USホテルのオペレーターを阪急阪神ホテルズが担当する。
今回、関西初進出となる「ウォルドーフ・アストリア大阪」は、南街区賃貸棟・西棟の2階及び28〜38階に位置し、50平米を中心とする計252室の客室のほか、「ウォルドーフ・アストリア」の象徴であるラウンジ&バー「ピーコック・アレー」やレストラン、フィットネス、スパ、屋内プール、チャペル、ライブラリー・ラウンジ、宴会場、会議室などで構成される予定。2025年度上期の開業を目指すという。
「キャノピーbyヒルトン大阪梅田」は、周辺エリアからインスピレーションを受けたデザインや新しいアプローチでのサービスと滞在を提供。北街区賃貸棟の10~25階に位置する 客室は、32平米を中心とする計308室で、2024年度上期開業予定。フロントやラウンジをはじめ、レストラン、 ルーフトップ・バーを備えるほか、シャワールームを完備する「トランスファー・ラウンジ」、 フィットネス、会議室を設置し、1階には公園に面するカフェが併設される予定。
阪急阪神ホテルズが担当するアップスケールホテルの名称は未定。南街区賃貸棟・東棟5〜28階に位置し、2024年度下期に開業予定。23平米を中心とする482室の客室のほか、レストラン、バー、フィットネスを設置する。

 

「ウォルドーフ・アストリア大阪」
所在地:大阪駅北大深西地区 土地区画整理事業区域内(南街区賃貸棟・西棟)
開業:2025年度上期(予定)
延床面積:3万3090㎡
客室数:252室
設計:三菱地所設計、日建設計、大林組、竹中工務店

「キャノピーbyヒルトン大坂梅田」
所在地:大阪駅北大深西地区 土地区画整理事業区域内(北街区賃貸棟・西棟)
開業:2024年度上期(予定)
延床面積:2万220㎡
客室数:308室
設計:日建設計、竹中工務店

阪急阪神ホテルズ アップスケールホテル(ホテル名未定)
所在地:大阪駅北大深西地区 土地区画整理事業区域内(南街区賃貸棟・東棟)
開業:2024年度下期(予定)
延床面積:2万1740㎡
客室数:482室
設計:三菱地所設計、日建設計、大林組、竹中工務店

 

 

Share