霧島観光ホテル

霧島観光ホテルは、麓から湧き出る国内有数の温泉地である上、四季折々の美しい表情を魅せる霧島連山の大森林の中に位置する。今回、レストランやゲストルームなど主要エリアのリニューアル計画にあたり、「森の中の画廊」をテーマとして、霧島の恵み深い大自然からインスピレーションを受けたデザインを施設内部に取り込みながら、周囲環境との結び付きをより一層高める事を目的に定めた。
レストラン「NORM」では、既存の高さ9mの高天井を最大限活かし、大きな窓に映る緑豊かな景観とダイニングを繋げる事を第一に考え、中央には大きな樹木を配し、周囲を囲む大きな壁面キャンパスには、森に生息する希少な植物・生き物をアートフルに表現したグラフィックがダイナミックに描かれる。ゲストルームにおいても、ストーリー性を持たせる為にも同一のコンセプトを踏襲し、造作や家具などの細部にまで植物の有機的なフォルムや個性的なカラーなどを随所に取り入れ、アートに囲まれた宅邸で過ごしているかのような好奇心を掻き立てる仕掛けを施した。(DESIGN STUDIO CROW

 

「霧島観光ホテル」
所在地:鹿児島県霧島市牧園町高千穂3885
オープン(リニューアル):2021年11月1日
設計:DESIGN STUDIO CROW 藤本泰士 久保田 諒 井上陽登
床面積:766㎡(レストラン581㎡、客室70㎡、共用部115㎡)
客室数:2室
客席数(レストラン):146席
Photo:長谷川健太

【内外装仕様データ】
床:テラゾー調タイルパターン貼り(平田タイル) オーク材フローリングパターン貼り(望造) カーペット貼りフェルトグリッパー工法(オーシマプロス
壁:特注グラフィッククロス貼り(OXY studio) 既存+PBt12.5下地クロス貼り(サンゲツ) ホワイトオーク突き板貼り 特注カーテン(リソース・インターナショナル
天井:既存壁下地クロス貼り(サンゲツ) EP塗装指定色 モールディング貼り(サンメント/みはし
家具・什器:SUS真鍮色 ホワイトオーク無垢材、突き板貼り 大理石(グリジオカルニコ・ライラックホワイト)


藤本泰士/DESIGN STUDIO CROW
1983年愛知県生まれ。10代から三重県に移り工務店に就職。現場作業員として様々な経験を積む。その後、名古屋のデザイン学校を卒業後、上京して2005年から株式会社スーパーポテトに勤務。2009年からハーシュ・ベドナー アソシエイツ(HBA) 東京オフィスに勤務。その他2社のデザイン事務所勤務を経て、2013年にDESIGN STUDIO CROW設立。現在は全国各地のホテルプロジェクトや高級業態の飲食店など、多くの商業空間を中心に手掛けている。

Share