THE CAMPUS

東京・品川港南に立つ築40年のコクヨの自社ビルを、「みんなのワーク&ライフ開放区」をコンセプトに、人々が創造的に働き暮らす未来に向けた実験場へと改修。オフィス街における多様性や文化の乏しさへの課題意識から、暮らし方や街との関係まで視点を広げ「都市のセンターオフィス」を再定義することにチャレンジした。外部に閉じていたオフィスビルの低層部を、既存建物の減築や躯体への開口といった「引き算手法」により、近隣ワーカーや住民に開放されたパブリックスペースに変換。内外を貫く大階段や、街路樹から建物内部まで続くグリーンによってランドスケープを構成し、街の延長のような居場所を創出している。
地域の家族連れや周辺企業で働く人など、誰もが自分らしく過ごせ、社員も地域で働く一人として同じ雰囲気を共有する。こうした開かれた余白の場が、街と企業活動をつなげ、多様性や文化を育んでいくことを意図した。ここでの実験を通して、品川から新しいオフィスと街の関係性や創造的に働き暮らすイメージが広がることを期待している。(コクヨ

「THE CAMPUS」
所在地:東京都港区港南1-8-35
開設:2021年2月15日
設計:コクヨ 鷲尾有美 髙橋絵里 轟木徳八
ライブオフィス設計:コクヨ 針村展輔 金子眞央 西 悦奈
設計統括:コクヨ 花田陽一 青木耕治 井上侑士
監修:GOODTIME 明山淳也
企画・プロデュース:コクヨ 安永哲郎 鹿野喜司 江崎 舞
アートディレクション:コクヨ 佐々木拓 金井あき
照明計画:モデュレックス
テキスタイルデザイン:fabricscape
サインデザイン:Serina Shiota Design Office コクヨ
PJ統括・PM:コクヨ 新居 臨 森田 剛 星 剛
床面積:8426.8㎡
Photo:ナカサ&パートナーズ

【主な内外装仕様データ】
床:既存コンクリートスラブの上エポキシ樹脂系塗り床材(ケミクリート/ABC商会) 木軸下地天然セランガンバツ材デッキ貼り、二丁掛タイル貼り(名古屋モザイク工業
壁:既存コンクリート壁の上防塵クリア塗装 LGS組み AEP塗装 GP塗装
天井:スケルトンクリア塗装
家具・什器:ツール引き出し収納/シナ合板素地CL 可動プランターボックス/シナ合板素地CL底目地張り 本棚/ラワン積層合板OSCL
その他:屋根/新規ルーバー・SUS角材鏡面仕上げ 外壁/既存コンクリート外壁特注洗い出し(アース・ジャパン) 鉄骨階段、ブリッジ/天然セランガンバツ材デッキ貼り 手すり/ST.FB+SUSエキスパンドメタル 一部ST.FB溶融亜鉛メッキリン酸処理 外部新規舗装床/ポーラスコンクリート 屋外家具、屋外カウンター、スツール/天板・左官材仕上げ(モールテックス/ビール・インターナショナル) 側板・SUSエキスパンドメタル

 

 

 

 

(左から)
鷲尾有美/コクヨ
2011年神戸大学大学院建築学専攻修了後、コクヨ入社。働き方のコンサルティングやオフィス、コワーキングのデザインを担当。受賞歴にGood design award金賞、Frame Award “Large office of the Year”、Reddot design award、日経ニューオフィス賞クリエイティブオフィス賞など。2021年大学院大学至善館経営学修士(専門職)。一級建築士。

髙橋絵里/コクヨ
2015年横浜国立大学大学院建築都市文化コース修了後、コクヨ入社。オフィスの空間設計業務に従事。受賞歴にGood design award金賞、Frame Award “Large office of the Year”、ソトノバアワード、MUSE design award GOLDなど。一級建築士。

轟木徳八/コクヨ
店舗設計事務所勤務を経て、2014年コクヨ出向。2019年8°(HACHIDO)開設。受賞歴に、2016年JCD Design Award 2016 Best100、DSA Design Award 2016入選、2017年DSA Design Award 2017入選、2018年DSA Design Award 2018入選など。

花田陽一/コクヨ
2009年京都工芸繊維大学大学院卒業後、コクヨ入社。オフィス、コワーキング、ショールーム、飲食、学習塾、保育園、その他多様な空間の企画・ディレクション・デザインを担当。受賞歴に2021年Good design award金賞、FRAME Award “Large Office of the Year”、2020年 日本空間デザイン賞、2019年 日本サインデザイン賞など、国内外で受賞多数。

Share