MIROKU 奈良 by THE SHARE HOTELS

「MIROKU 奈良 by THE SHARE HOTELS」は、奈良公園南端の“荒池”の畔、ユネスコの世界遺産に登録されている興福寺五重塔や春日山原始林を臨むことができる、地元の人でも驚くような素晴らしい立地である。ローカルの新しい魅力をシェアすることをコンセプトとするライフスタイルホテル・ザ シェア ホテルズの9店舗目として、1990年竣工の地下1階地上4階建てのビルをリノベーションし、そのホテルのパブリックスペース、レストラン、客室のデザインを担当した。
古都ならではの荘厳さを持ちながら素朴でゆったりとした時間を過ごせる奈良の魅力と、観光の後の滞在でもシームレスに街とつながっていることを感じてもらえるようにインテリアエレメンツを検討。快適に滞在できるよう細かい縦格子の障子から入る柔らかい光と、Karimoku Case Studyや石巻工房の家具などを配置した。また、奈良を拠点とするNEW LIGHT POTTERYの照明器具や、sonihouseのスピーカーの他、レストラン・ロビーエリアにある大きな天板・カウンターは吉野杉の一枚板を採用した。その天板の上にぶら下がる大きな照明器具は、特注でデザインした宇陀和紙によるもので、奈良の自然やクラフトマンシップを体感できる空間となっている。朝食やカフェ&バーのメニューは、35年以上に渡り多くの人々を魅了し続けている奈良市内のカフェ「くるみの木」が監修。奈良の食材をふんだんに使った食事や飲み物を隣接するテラスでも楽しむことができる。是非ゆったりと奈良を楽しんでいただきたい。(芦沢啓治/芦沢啓治建築設計事務所

 

「MIROKU 奈良 by THE SHARE HOTELS」
所在地:奈良県奈良市高畑町1116-6
オープン:2021年9月16日
設計:インテリアデザイン/芦沢啓治建築設計事務所 Fumihiko Sano Studio(地下階、エントリー装飾)
統括設計/coto
スタイリング:中田由美
アート監修:artness
アート制作:舘鼻則孝 ARKO 本堀雄二 澤井玲衣子(たんぽぽの家) 西尾美也+中井由希子
植栽:SOLSO
音響:sonihouse
照明:ニューライトポタリー
ロゴ・サインデザイン:高い山
述べ床面積:1929.86㎡
客室数:44室
Photo:MARC AND PORTER PHOTOGRAPHY

【内外装仕様データ】
〈ラウンジ〉
床:コンクリート金鏝仕上げ+防塵塗装
壁:LGS組みPBt12.5+9.5下地AEP
天井:LGS組みPBt9.5下地AEP(一部折上げ躯体現し)
家具・什器:製作家具/オーク突板合板染色クリア塗装
家具:カリモク石巻工房
〈客室〉
床:アンダーレイt4+タイルカーペットt6.5(GA1802W/東リ) 既存スラブの上モルタル金鏝仕上げ 既存スラブの上フローリング直貼り(フローリングオーク/アトムカンパニー) 木下地組みの上琉球畳(大建工業
壁:LGS組みPBt12.5+9.5下地AEP  LGS組みPBt12.5下地難燃突き板t6の上クリア塗装
天井:LGS組みPBt9.5下地AEP
家具・什器:製作家具:オーク突板合板+染色+クリア
家具:カリモク石巻工房


芦沢啓治/芦沢啓治建築設計事務所
1996年横浜国立大学建築学科卒業。卒業後、建築家としてのキャリアをスタートし、super robotでの数年間にわたる家具制作を経て、2005年芦沢啓治建築設計事務所設立。2011年東日本大震災を受け、石巻工房を創立。2014年、石巻工房を家具ブランドとして法人化。建築、インテリアだけにとどまらず、家具ブランドとの協業など幅広い分野で活動を行っている。建築、リノベーションから照明・家具デザインに一貫するフィロソフィー「正直なデザイン/Honest Design」から生み出される作品は、国内外から高く評価されている。

Share