News

「日本空間デザイン賞2022」応募受付がスタート

空間デザインの価値を未来へ繋ぐため、日本商環境デザイン協会(JCD)と、日本空間デザイン協会(DSA)が共同主催する、日本最大級の空間デザインアワード「日本空間デザイン賞」の2022年度応募受付が4月1日から開始された。
募集対象は、国内外の2021年5月1日〜2022年4月30日までに実現している作品。なお、新型コロナウィルスの影響で昨年度応募できなかった作品(2020年5月1日〜2021年4月30日に実現したもの)も応募可能。
応募カテゴリーは、展示系、商業系、オフィス、文化空間、住宅など全11カテゴリー。カテゴリーごとに、金・銀・銅賞が選定され、金賞11作品の中から「KUKAN OF THE YEAR 2022/日本経済新聞社賞」(1〜3作品)が選定される。
その他、サスティナビリティ(持続可能性)への考慮が特筆すべきプロジェクト「サクティナブル空間賞」も用意されている。
日本空間デザイン賞は、ドイツの「iF Design Award」とパートナーシップ契約を予定しており、応募時の特典等詳細については、後日正式発表される。

 

「日本空間デザイン賞2022」募集概要
応募期間:2022年4月1日(金)10:00〜5月16日(月)23:00(日本時間)
応募対象作品:展示系、商業系、オフィス、住宅など全11カテゴリー
詳細:https://kukan.design/detail-guidelines/
主催:日本商環境デザイン協会(JCD)、日本空間デザイン協会(DSA)
問い合わせ:日本空間デザイン賞事務局(JDN内)https://kukan.design/contact/
https://kukan.design/

 

Share