News

「(仮称)うめきた公園」の工事が本格着手

西日本最大のターミナル駅である「JR大阪駅」に直結し、オフィスや民間宅地をシームレスに連接させる「(仮称)うめきた公園」の本格着手が始まった。約4万5000㎡という都市公園としては世界最大規模を誇る「(仮称)うめきた公園」は、2024年夏頃の先行開園、2027年春頃の全体開園を予定している。
計画コンセプトは、「Osaka MIDORI LIFEの創造」。多様性を受け入れる社会構築を目指し、「みどり」を融合させた都市空間やイノベーションの起点となる施設や仕組みが作られる。ランドスケープデザインには、ランドスケープアーキテクトのGGNが起用されている。
都市的な空間の「南公園」と、緑が多く自然豊かな空間が広がる「北公園」を跨いでうねるように、最大高さ約3mのランドフォーム(盛土)を配置するという。これにより、「リフレッシュ広場」「うめきたの森」「ステッププラザ」という3つの主要空間がシームレスに繋がる。また、本公園施設には、SANAAが手がける新駅直結の大屋根イベントスペースや、安藤忠雄氏が手がける「ネクストイノベーションミュージアム」も併設される。

 

 

「(仮称)うめきた公園」
計画地:大阪市北区大深町内(大阪都市計画公園5・4・32号大深町公園)
開業時期:2024年夏先行開園、2027年春全体開園
面積:約4万5000㎡
設計:基本設計:日建設計・三菱地所設計
実施設計:日建設計
デザイン提案等:事業者JV
デザイナー:日建設計
照明デザイン:内原智史デザイン事務所
サインデザイン:井原理安デザイン事務所
サインプロジェクトマネジメント:メック・デザイン・インターナショナル
施工:大林組・竹中工務店・竹中土木特定建設工事共同企業体

※20225月時点のイメージパースであり、今後変更となる可能性があります。(提供:うめきた2期開発事業者)

Share