果実ノ華 梅田NU茶屋町店

“街と店を繋ぐU字型カウンター”
弊社が1店舗目から設計を担当しているフルーツ大福のお店「果実ノ華」の4店舗目の計画である。場所は大阪北区の商業施設NU茶屋町内。1面の壁を背にして2方向が施設内に開放され、1方向が街に対して開放された区画である。この3方向に開放された条件から、街と店を一つの要素で繋ぐことができないかと考えU字型のカウンターを計画した。通常街に対してはショーケースのようにアイキャッチとなるディスプレイを計画し、店外と店内は分断して考えることが多いが、U字型カウンターを計画することで、街に対してのディスプレイがカーブを描きながらシームレスに売り場となり、街と店を繋ぎ人を自然と店内に誘うことができると考えた。カウンターには果実ノ華プロジェクトのデザインコードに沿うマテリアル使う一方で、大福の円形をイメージしたタイルを用い、この商業施設を行き来するたくさんの若年層に対して、少しカジュアルなイメージを持ってもらえるように計画した。(PROCESS5 DESIGN

 

「果実ノ華 梅田NU茶屋町店」
所在地:大阪府大阪市北区茶屋町10-12 NU-chayamachi 1階
オープン:2021年11月13日
設計:PROCESS5 DESIGN 武田憲昭 吉澤生馬 権 唯希
施工:インターテック
床面積:23.96㎡
Photo:YFT 山田圭司郎

【内外装仕様データ】
床:モルタル薄塗り 水性アクリル樹脂系防塵床塗料クリア艶消し 床見切/真鍮製t25(20-121-2/アシスト
壁:既存PBt1.5の上AEP塗装艶消し(JN-95/日塗工) PBt12.5下地木目調壁紙貼り(リアルデコ/東リ
天井: 既存PB9.5+AEP塗装艶消し(JN-95/日塗工)
什器:メインカウンター/本体・特殊セメントモルタル仕上げ(BM04/モールテックス) 天板・メラミン化粧板(KJ-6000KH91/アイカ工業) 天板・間接BOX乳白アクリル板t5 側面・モザイクタイル貼り(BY-01S/TILE PARK) 巾木・アルミ板、真鍮鍍金アクリルウレタンクリア塗装仕上げ 作業台/メラミン化粧板(KJ-6000KH91/アイカ工業) トール収納/ミラー貼り 固定棚/透明アクリル板


武田憲昭 吉澤生馬 権 唯希/PROCESS5 DESIGN
2006年、武田憲昭がPROCESS5 DESIGN OFFICEを設立。2009年、吉澤生馬との共同設立によりPROCESS5 DESIGNへと改名。旅館やホテルといった宿泊施設、ブライダル、店舗、オフィス、住宅まで幅広い空間の設計を手掛ける。

Share