和食時々酒 ときのとき

近年の開発でより一層のコンクリートジャングル化が進む東京・渋谷。その中心に位置する複合商業ビル・ヒカリエ内の片隅にある「和食時々酒 ときのとき」。大きな暖簾をくぐると一面に広がる渋谷の夜景は、NYタイムズスクエアを思い起こさせる。頭上には木梁が組まれており、レンガと古材で設えた空間はまるでアーバン・ロッジ。TPOに合わせて設けたバー、ダイニング、カウンター、個室の4つのエリアを有する店内は、都会の喧騒を忘れさせ、また戻ってきたくなる温かくほっこりした空間を目指している。(佐野岳士/SWeeT

 

「和食時々酒 ときのとき」
所在地:東京都渋谷区渋谷2-21-1 ヒカリエ 6階
オープン:2022年5月30日
設計:SWeeT 佐野岳士
床面積:248.82㎡
客席数:117席
Photo:ad hoc 志摩大輔

【内外装仕様データ】
床:モルタル下地調整後タイルヘリンボーン貼り(DN-40B-Y4-ヒノネ/ダイナワン) コンパネ捨て貼り後フローリングフレンチヘリンボーン貼り(ティンバークルー
壁:PBt12下地聚楽仕上げ特注色撫切りわらずさ入り(フジワラ化学) レンガ縦貼り(TRM-BR/平田タイル) 不燃加工古材足場板貼り(ティンバークルー
天井:古材梁組み(カネジン
その他:家具(ザ・ヴィンテージハウス


佐野岳士/SWeeT
デザイナー。現場監督から飲食店経営会社の企画・設計部を経て、2003年に有限会社SWeeT設立。国内外のF&B(飲食店)デザインを中心に活動中。

Share