News

大林組が「(仮称)3Dプリンター実証棟」建設に着手

大林組が、セメント系材料を用いた3Dプリンターによる建築物として、国内初の建築基準法に基づく国土交通大臣の認定を取得した構造形式を用いた「(仮称)3Dプリンター実証棟」の建設に着手した。
建設業において3Dプリンターの利用は、複雑な曲面などデザイン性の高い形状を製造できるだけでなく、材料を現地に運ぶだけで済み、建築時のCO2排出量の削減や、自動化施工による省人化などの効果が期待されている。
現在は、構造物の部材や小規模な建築物の製作に利用される事例が増加している一方で、日本において一定の規模以上の建築物を建設するためには、構造物が建築基準法に適合していることの建築確認を取得しなければならない。本施設では、プリント範囲内で最も少ない材料で空間が得られるようにし、壁を複数層としてケーブルや配管ダクトを配置することで、通常の建築物と同様に利用することを想定したデザインを実現。設計図を含めた建築確認やスリムクリートを材料とする個別評定も取得し、2022年11月の完成を予定している。完成後には、耐久性、構造および環境性能の評価を行うとともに、3Dプリンター技術のPR施設として公開される。

 

「(仮称)3Dプリンター実証棟」
開設:2022年11月予定
所在地:東京都清瀬市/大林組技術研究所内

 

Share