News

ミケーレ・デ・ルッキの展覧会が神戸で開催

上から、Earth Stations <CROWN>/Earth Stations<CITY station>/Earth Stations <village>/Earth Stations<六甲山サイレンスリゾート> © AMDL CIRCLE

展覧会「EARTH STATIONS by AMDL CIRCLE ミケーレ・デ・ルッキと未来を共有する建築」が、2022年7月16日から8月7日まで、「デザイン・クリエイティブセンター神戸」で開催される。
同展は、イタリア人建築家 ミケーレ・デ・ルッキと彼が主宰する建築スタジオAMDL CIRCLEによるリサーチプロジェクト「EARTH STATIONS」の全容を日本で初めて紹介するもの。「EARTH STATIONS」とは、建築の進化する役割と象徴的な建物の必要性をめぐる考察から生まれた、新しい建築のタイポロジー。同展では、「EARTH STATIONS」を中心に、六甲山サイレンスリゾートや世界各地でのプロジェクトにつながる建築家の思想を模型や映像で紹介。また、ミケーレ氏がデザインした家具や照明などのプロダクト展示も行い、1980年代にデザインムーブメントを巻き起こしたデザイナー集団、Memphis(メンフィス)から現在に至る建築家の思索を辿る。
7月18日には、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の会場デザインプロデューサーを務める建築家・藤本壮介氏とのトークセッションも予定されている。



「EARTH STATIONS by AMDL CIRCLE ミケーレ・デ・ルッキと未来を共有する建築」展

会期:2022年7月16日(土)~8月7日(日)
時間:11:00~19:00
休館日:月曜
観覧:無料
会場:デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO) ギャラリーC
https://kiito.jp/schedule/exhibition/articles/56727/

Share