News

京都にシンガポール発ラグジュアリーホテル「カペラ」が日本初進出

NTT都市開発は、シンガポールを拠点とするカペラホテルズ&リゾーツの日本初進出となるホテル「カペラ京都」を2025年夏、京都市東山区に開業する。「カペラホテルズ&リゾーツ」は、シンガポール、バンコク、ハノイ、ウブド(バリ島)、上海、海南島にて事業を展開するホテルブランド。今後はモルディブ、シドニー、そして韓国がラインナップに加わる予定。立地は、100年以上にわたり地域に愛されてきた「新道小学校」跡地。周辺には清水寺や八坂神社、建仁寺、鴨川などの観光資源が集積、宮川町歌舞練場にも近接する。地域に愛されてきた小学校の歴史と、花街宮川町が育んできた伝統・文化に「カペラホテルズ&リゾーツ」の「伝統を守り、革新性を追求する」というブランド理念が融合する。ホテルは、地下2階・地上4階建てで、スイートルームを含む92の客室のほか、レストラン、宴会場およびスパを完備しており、カペラホテルグループのフラグシップホテルとして、世界最上級のホスピタリティを目指す。




カペラ京都

所在地:京都市東山区大和大路通四条下る四丁目小松町130番、125番1/東山区新道通団栗下る二丁目下柳町165番
敷地面積:約4014㎡(一部地域施設を含む)
延床面積:約1万5729㎡(地域施設218㎡を含む)
ホテル客室:92室(予定)
構造規模:地下2階地上4階(一部地域施設を含む)
事業主:NTT都市開発
設計:隈研吾建築都市設計事務所
開業:2025年夏(予定)
https://capellahotels.com/jp

Share