News

日鉄興和不動産がレジデンシャルホテルの開発・運営に参入

日鉄興和不動産が、レジデンシャルホテル(訪日外国人や国内ファミリー、グループ旅行などの長期・多人数での宿泊に向けた施設)の開発・運営に参入する。
ブランド名は「& Here(アンドヒア)」。旅の大きな要素である「楽しむ(ENJOY)」と「くつろぐ(RELAX)」、家族や友達など大切な人たちと過ごす時間など、多くの大切なものを「引き寄せ、結びつける=&」をコンセプトとしている。
同施設は多人数での長期滞在を主な対象とし、客室のうちトリプル以上が7割を占める。またグループがくつろげる工夫として、ソファスペースや和室の設置、長期宿泊のための設備(ミニキッチン、冷蔵庫、電子レンジ、ダイニングテーブル、ランドリースペース)の設置も予定している。
2024年1月には、第一号となる「&Here 上野(仮称)」を開業予定。ホテルの北側は上野公園の自然に面するエリア、南側は江戸時代からの伝統工芸などを取り扱う老舗店などが軒を連ねるエリアと趣が異なり、それぞれのエリアイメージをコンセプトに客室をデザイン。客室は全145室で、1階にはホテルラウンジとカフェスペース、個室ブースのワーキングスペースを計画。最上階には露天風呂付大浴場を備える。

 

 

「&Here 上野」
所在地:東京都台東区上野2-11-18
開業:2024年1月(予定)
客室数:145室

Share